top of page

IFA本橋の書棚【ビジネス・経済編】



『 2025年を制覇する破壊的企業 』

 著 者:山本康正

 出版社:SBクリエイティブ



 



 2020年の冬に読んだ本ですが、なる早でご紹介しないと2025年まであと僅か…と思い、急ぎご紹介しますのは 「2025年を制覇する破壊的企業」。

NYの金融機関やGoogleを経て、現在は東京・シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活動する山本康正氏のビジネス・経済の未来予想書です。



 5年後*の未来を決定づけるのはこの企業だ!と、世界最先端企業11社の思惑や3つのメガトレンド(①業種の壁崩壊とコングロマリット化再来、②ハードでもソフトでもなく“体験”が軸、③データを制するものが未来を制す)との分析がとても面白いです。

*2020年を起点


 もしかすると未来の私は、ズームを買収したグーグルの「Google Zoom」でWEB面談をして、テスラの「ロボタクシー」で都内へ楽々と通勤、出張先では自分好みの快適空間でおもてなしの「アップルホテル」に滞在しているかもしれないのです。

 

 お馴染みのGAFA+Mだけではありません。未来の世界では、工夫して生き残るべき業種や企業についてのヒントも多数あり、「まさかいくら何でもここまでは…」と思いつつも、終始SF小説のように、ワクワクしながらどんどん読みすすめてしまう内容でした。



 ただ単に、「どんな企業が儲かるのか」という投資先という観点だけでなく、「これからの社会がどんな風に便利に、より快適に変わっていくのかなぁ~」と、将来の社会のすがたを考えるにはとても有益な1冊でした。2025年が楽しみです!※あと数か月しかない…




最新記事

すべて表示

今やESG投資はハイテク企業(GAFAM)の買い?

2020/07/11日本経済新聞『ESG=ハイテク買い?』より 夕刊ウォール街ラウンドアップに、ESG投資はハイテク銘柄への投資の構図に近いという トピックです。 先週(7/6の週)は米国アップルやアマゾンドットコムといった大型ハイテク株への投資が週末まで続き、IT企業比率

NY株、史上初の30,000ドル台のけん引役は、やはりIT企業…

2020/11/26日本経済新聞『危機下の株高 IT主導』より ここ数日毎日目にする「NY株、史上初30,000ドル到達」の見出し。NY株関連のトピックスをおさらいしてみます。 米ダウ工業株30種平均は11/24に史上初の30,000ドル台に乗せました。成長を加速する巨...

IMF世界経済の成長率は6.0%

2021/04/07日本経済新聞『世界 今年6.0%成長へ』より 国際通貨基金(IMF)は4/6改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを6.0%として、前回1月予測より0.5%引き上げました。 一時的な景気過熱が指摘される中で、世界は急回復する景気の勢いを上手...

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page