• RYUICHI MOTOHASHI

NY株、史上初の30,000ドル台のけん引役は、やはりIT企業…


2020/11/26日本経済新聞『危機下の株高 IT主導』より ここ数日毎日目にする「NY株、史上初30,000ドル到達」の見出し。NY株関連のトピックスをおさらいしてみます。 米ダウ工業株30種平均は11/24に史上初の30,000ドル台に乗せました。成長を加速する巨大IT企業がけん引する産業構造転換で、20,000ドルを付けた17年からわずか4年弱で1万ドル上昇。20年3月のコロナショック後、経済政策・緩和マネーの支えも相まって実体経済との大きなズレを生じながらもNY株は史上最高値を更新しています。 米国株の主役は5年ほどの周期で入れ替わってきたと言われます。 ダウ平均が初めて1万ドルに乗せた1999年はインターネットの普及でIT株がスポットライトを浴びました。00年代半ばは金融株2010年前後はエネルギー株が市場の主役に。今回20年は再びIT株が台頭

ダウ平均採用銘柄のアップル、マイクロソフトに加え、アマゾン、アルファベット、ファイスブックの5社の時価総額7.1兆ドル(約750兆円)と、日本株全体を上回る規模となっています。ダウ平均が2万ドルから3万ドルは50%上昇する間に、5社の時価総額は約3倍に膨らんでいます。 米国株全体に占める割合も17%とメガテックに一極集中。 しかし株式市場全体からみると、コロナショックは2つの面を生んだと言われ、7-9月期決算では「ワースト」と「ベスト」の混在とも言われています。アメリカン航空他航空大手3社では計1兆円規模の赤字を計上、一方マイクロソフトの利益は1.5兆円規模と最高水準。需要が一瞬にして消え急に苦境に立たされる企業の一方、巨大IT企業は急速なデジタル化の波に乗り、新しいサービスを投入し業績好調です。 また昨今の株高の背景には、株式市場に流れ込む大量の投資マネーもあります。この春、コロナ感染拡大で都市封鎖や人の移動ストップで経済がマヒ状態となり、日本含む主要国の株価は一時3割を超える急落となりました。この危機状況を打開すべく、世界的に財政支出が打たれ、その総額は10兆ドルとも言われています。金融緩和によって市場にマネーが流れ込み、3月の下げ幅を超える急上昇という事になったわけです。 この緩和マネーに支えられた株高は、実体経済とのズレを生んでいます。約10年前まで、米国株の時価総額と米国のGDPはほぼ近い水準でしたが、徐々に差が開き、20年経済がマイナス成長下での株高によって、時価総額はGDPの2倍超まで拡大してしまっています。 株価を1株あたり利益で割ったPER(株価収益率)は22倍と過去20年で最高水準。特にIT企業では利益水準に比べて株高が進んていることから、株価は割高と言われています。 米国では株価の上昇は含み益が膨らみ、消費の追い風になる資産効果が期待されますが、実際には株高の恩恵が偏っていて、果実が一般市民にあまねく波及しずらいとも言われています。 FRBによると、米国民を資産階層で分けると上位1%が全体の半分強の株式・投信を保有し、下位50%の保有額は1577億ドルにすぎないとされています。紙面ではこれは、アマゾン創業者:ジェフ・ベゾス氏1人の資産額を下回るとも・・・。 最後に危機は新しいイノベーションを生み、企業の変革のチャンスだとありますが、今回はこの株高の裏には、債務膨張と緩和マネーの依存度が高すぎる点が指摘され、これを解消できない限り、経済社会のひずみはより大きくなっていくかもと、警鐘を鳴らしながら終わっています。 コロナ共存社会というのは、もはや誰も抗えない新しい社会常識となると思いますが、もはや常態化しつつある株式市場での富の一極集中という状態は、その逆回転時に非常に怖い感じすらします。

最新記事

すべて表示

いつか見たデジャブ…「今、買う理由」探し

2021/01/23日本経済新聞『買う理由探し、市場躍起』より 29,000円台手前で一進一退を繰り返す日経平均株価ですが、投資家の買い意欲は衰えず買う気は満々みたいです。海外株式に比べてまだ日本株は出遅れ感があり、昨年11月からは日経平均株価で5,000円超の上昇がありながらも、想定以上の株価の戻りに出遅れてしまったと考える投資家の中には「今買う理由」を探している方々もいるようです。 2

登山家と投資家、「クライマーズハイ」からの目覚めが怖い・・

2021/01/14日本経済新聞『高値恐怖症 すくむ市場』より 1/13の日経平均株価は続伸したものの、半導体や機械銘柄など局地的上昇に留まりつつあり、遂に投資家は「高所恐怖症」で足がすくんでいるように見えると表現されています。 強烈なカネ余りで株価を押し上げてきた陶酔感から、局面が変化しつつかるかもしれないと始まっている記事。 今年の相場想定は各社「ワクチン普及と過剰流動性をベースに強気

米国長期金利の上昇がもたらすリスク

2021/01/13日本経済新聞『米長期金利 上昇に勢い』より 米国で長期金利の上昇に勢いづいています。バイデン次期政権のもとでの財政拡大観測と物価が将来的に上昇するとの見方がマーケットで広がっているためです。 この金利上昇でドル安の歯止めになる兆しも出てきて、これまで比較的買われてきた金価格も下落に転じる局面も出てきて、米国の超低金利が資産市場や世界経済を支える構図が変化するかもしれない

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.