• RYUICHI MOTOHASHI

レッドオーシャンでも成功できるヒントは… 専門性×顧客体験

2019/09/12日本経済新聞『「赤い海」で生存領域つかめ』より


企業面の「ヒットのクスリ」コーナーより。シューズ市場における新興オンというスイス発のスポーツシューズメーカーについてのトピックです。長時間の運動に耐えられる軽量さと脱ぎ履きのし易さという点から、最近注目されているようですが、トライアスロン選手の3人が自らの競技経験から「長距離でも痛みなく走る」ことをテーマに開発し、2010年に創業、10年弱ですが日本の大手スポーツ店で一角を占めているようです。クッションと反発を両立するシューズはあまりなく特許も取得、プロ仕様ながら普段でも履けることも狙いデザインにもこだわっています。確かにデザインがとってもクール!


シューズと言えば多くの巨大メーカーがひしめくレッドオーシャン(競争がとても激しい市場)と言われ、価格競争に巻き込まれる非常に厳しいプロダクトですが、このオンは見事にスポーツ用品コーナーの一角を抑え、「赤い海」でも独自の領域を確保しているとあります。この小さなスイスのシューズメーカーの成長には2つのポイントがあると紹介され、1つは、「成熟市場ではプロの経験や技が生きてくる」という点。トライアスロン選手でもある創業者が、こういう機能を実装したいというアイデアが製品に生かされています。そしてもう1つは「意味の提供」だという点。紙面ではフリーライターの山口氏の「スイスの腕時計の復活の理由を『意味づくり』だ」と説明しています。スイスの時計メーカーは日本企業の攻撃で駆逐されてしまいましたが、タグ・ホイヤーはモータースポーツと関連付け、ロレックスは海洋や山での冒険(エクスプローラー)を象徴するブランドになったとあります。記事の最後に、商品の多くは既に広く普及しており、参入できる分野は一段と狭くなっています。しかし、このスイスの新興シューズメーカー:オンの日本での小さな成功ストーリーは、成熟したレッドオーシャンでも、経験を活かした専門家としての工夫と改善、そししてお客さまに敢えて選んでもらえる意味づけに着目すれば、まだまだビジネスの差別化の大きなチャンスは残されているのかもと思います。


私が勤めたスイスのプライベートバンクでも、顧客体験(クライアントエクスペリエンス)というのが相言葉でした...


スイスのシューズメーカー:オンはこちら


ヒットのクスリ(前回):アイリスオーヤマはこちら

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

「しなやかな」で変われる会社にビジネスのヒントあり。

2020/07/29日本経済新聞『変われる会社が買われる会社』より 大機小機には7月に入り、世界のM&A潮流が変化し、活発化しているとあります。バークシャーハザウェイが約1兆円で天然ガス輸送事業を買収、半導体大手アナログ・デバイスによる同業の買収、米シェブロンによる50億ドル

VIX指数先物のカーブから見る、膠着相場からの「波乱の予兆」?

2020/07/09日本経済新聞『膠着相場に波乱の予兆』より この1カ月の間、日経平均株価は22,000円台を中心に狭いレンジで動いている状態が続いています。世界的なカネあまりによって株価の下値は限られそうな反面、景気・企業業績の回復を先取りした株価上昇については、まだまだ警

CLO不振から考える「低格付け企業」資金調達への逆風…

2020/06/01日本経済新聞『米低格付け企業に逆風』より 信用力の低い米国企業の資金調達に逆風が吹いています。 コロナ拡大の影響で財務状態が一段と悪化し、これまで有力な資金調達経路となっていた 証券化商品の利回りが上昇/価格は下落し、日本を含む世界の金融機関や運用会社が

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.