• RYUICHI MOTOHASHI

投信の「売買回転率」って?


2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期末平均で割った値を「売買回転率」としたようです。 これが高かったのが、「次世代通信関連 世界株式戦略F」と「netWIN為替ヘッジ無し」の2ファンドで、共に海外IT株を投資対象とする両ファンドは好成績の為か、売買が多くなっていることがわかります。投資家が盛んに売り買いしている?ようです。長期で有望だと思っているのであれば、ずっと持っているのが一番いいと思いますが…。販売会社(証券・銀行の営業マン)が手数料をもらった後で利益が出ていたら、ここらで一旦売りましょうと勧めるのでしょう。 一方、回転売買率が低いのは「フィデリティUSハイ・イールドF」など、比較的パフォーマンスが振るわなかったファンドでは売買が少なかったようです。 そして、本来はこの形が理想なのでしょうが、「グローバル・ハイクオリティ成長株ファンド(為替ヘッジ無し)」「グローバル・プロスペクティブ・ファンド」は海外株式型ながら、売買は少なめであり、長期保有の投資家が多いのか、解約は少なめだったようです・・・ これは違うファンドへの乗り換え推奨が盛んに行われるまでの、「今のところ」として

おいた方がいいと思います。 投資家がずっと将来性があると本当に信じて託したファンドであるなら、手数料と税金を負担してまで乗り換えずに、Buy and Forgetでいいと思うのですが・・・ そうならないのが、投資家心理の難しい点でもあり、販売サイド主導の情報の非対称性が大きいビジネスでもあると思うのです。

この2本のファンド(Gハイクオリティ、Gプロスペクティブ)が売り買い盛んにされるようになってきたら、、、何れ私の仮説に結果が出ると思っています。

最新記事

すべて表示

日経平均株価3万円回復に考える…【番外編】

2021/02/16日本経済新聞『3万円回復 課題なお』より 日経平均株価が30年半ぶりに3万円台を回復しても、実感がないという意見が多いのは、①日本株の買い主体が外国人と日銀である、②米国と違い新陳代謝が鈍くて小粒企業が多いという2つの要因でしょう。 まず①の個人投資家が株価上昇を肌で感じていないことではないでしょうか?紙面にも「景気との差があり過ぎて違和感しかない」というコメントや「平

日経平均株価3万円回復に考える…【前編】

2021/02/16日本経済新聞『日経平均3万円回復』より 今週大きく報じられたこのトピックスは書き残しておかないとならないと思います。2/15の東京株式市場では日経平均が1990年8月以来30年半ぶりに3万円の大台に乗せ、話題に?なっています(この?の理由も折に触れて・・・)。 日本企業の稼ぐ力こそバブル崩壊後の長期低迷を経て底上げされてきているものの、米国メガIT企業並みの高収益企業は

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.