• RYUICHI MOTOHASHI

「顧客本位」ではなく、「個客志向」の金融サービスでなくてはならないヒント


最近、いろいろな方面からIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として 「どのようにお客さまをサポートしているのですか?」と聞かれたり、様々な立場のお客さまのご紹介を頂いたする機会が多くなってきました。 金融機関という立派な看板がない立場として、こうしたお話は素直に非常に嬉しいです。 そしてお客さまのご希望や悩みをお聞きすると、やはり1年前のトピックスに共通項があるような気がします。 つまり、お客さまは「顧客」ではなく「個客」としてのご提案を待っていると思うのです。 金融機関の「退職世代」、「働くママさん」、「共働き勤労世帯」という一括りされた面でのマーケティングに嫌気が差し、自分だけのオリジナルな提案を受けたいと思っているのではないかと思います。 お客さまの人生の寄り添って・・・

なんて言われても、自分の価値観を理解してくれる信頼できるパートナーでなければ、寄り添われたくないのだと思います。※少なくとも私はそうです。 寄り添われて、隙あらば余計なものをうりつけれても困りますよね。 もしこのようなフンワリした言葉を使う営業の方には、それって具体的にはどういうこと?って聞くことにしています。

私なら、「お客さまのアタマの中の脳みそを私の中に入れて考えてみて、もし私があなただったら、どうするべきか、何が欲しいか考えてみます」と言いますが。。。

なんてことを、1年前のブログを振り返って考えていました


1年前の記事はこちら


 ↓↓↓


”毎月分配型の不都合な真実と「個客」本位の金融サービス”


カスタマー(顧客)ではなく、クライアント(個客)の発想でもあり、

以前籍を置いたスイスの銀行では、お客さまを担当するプライベートバンカーは

「クライアント・アドバイザー」と言われていました。


最新記事

すべて表示

日経平均株価3万円回復に考える…【番外編】

2021/02/16日本経済新聞『3万円回復 課題なお』より 日経平均株価が30年半ぶりに3万円台を回復しても、実感がないという意見が多いのは、①日本株の買い主体が外国人と日銀である、②米国と違い新陳代謝が鈍くて小粒企業が多いという2つの要因でしょう。 まず①の個人投資家が株価上昇を肌で感じていないことではないでしょうか?紙面にも「景気との差があり過ぎて違和感しかない」というコメントや「平

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.