• RYUICHI MOTOHASHI

「顧客本位」ではなく、「個客志向」の金融サービスでなくてはならないヒント


最近、いろいろな方面からIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として 「どのようにお客さまをサポートしているのですか?」と聞かれたり、様々な立場のお客さまのご紹介を頂いたする機会が多くなってきました。 金融機関という立派な看板がない立場として、こうしたお話は素直に非常に嬉しいです。 そしてお客さまのご希望や悩みをお聞きすると、やはり1年前のトピックスに共通項があるような気がします。 つまり、お客さまは「顧客」ではなく「個客」としてのご提案を待っていると思うのです。 金融機関の「退職世代」、「働くママさん」、「共働き勤労世帯」という一括りされた面でのマーケティングに嫌気が差し、自分だけのオリジナルな提案を受けたいと思っているのではないかと思います。 お客さまの人生の寄り添って・・・

なんて言われても、自分の価値観を理解してくれる信頼できるパートナーでなければ、寄り添われたくないのだと思います。※少なくとも私はそうです。 寄り添われて、隙あらば余計なものをうりつけれても困りますよね。 もしこのようなフンワリした言葉を使う営業の方には、それって具体的にはどういうこと?って聞くことにしています。

私なら、「お客さまのアタマの中の脳みそを私の中に入れて考えてみて、もし私があなただったら、どうするべきか、何が欲しいか考えてみます」と言いますが。。。

なんてことを、1年前のブログを振り返って考えていました


1年前の記事はこちら


 ↓↓↓


”毎月分配型の不都合な真実と「個客」本位の金融サービス”


カスタマー(顧客)ではなく、クライアント(個客)の発想でもあり、

以前籍を置いたスイスの銀行では、お客さまを担当するプライベートバンカーは

「クライアント・アドバイザー」と言われていました。


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

投信の「売買回転率」って?

2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.