• RYUICHI MOTOHASHI

最近、人気を集めるESG投資だけど・・・


2020/07/22日本経済新聞『ESG投資個人にも』より ESG(環境・社会・統治)を重視する投資が個人投資家にも広がりつつあるとあり、

4-6月期のESG関連投信への純資金流入額は約780億ドル(約8兆円)と過去最大に達したとあります。

日本でも7/20設定のESG関連の新しい投信が3800億円超を集めており、新型コロナ蔓延を機に環境や社会に配慮しながら持続成長できる企業への投資するという機運が高まってきている表れでしょう。因みにこのファンドは同日紙面に広告が記載されています。 ESG投資財務的要素だけでなく、、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)への取り組みを加味し、企業への投資を行うものです。欧米の機関投資家は自らの判断基準によって投資先を選別しますが、個人投資家はプロが銘柄を選んだ投資信託を通じて投資を行うというのが一般的です。 米ブラックロックが運用するESG関連の米国ETFは4-6月期で24億ドル(2500億円超)が流入しているのを始め、世界的にESG関連投信への資金流入は継続したトレンドのようです。 株主の利益追求が最重視されてきた従来型資本主義から、お客さま、従業員や地域社会などとの共生も、企業経営の大切な要素となってきつつある現代においては今風のテーマ型投資ではありますが、ややマーケティング用のキャッチコピーに使われている感は否めないような・・・ ESG投信もETFも、構成銘柄は誰でも知っているあのグローバル優良企業ばかりです。


68回の閲覧

最新記事

すべて表示

為替ヘッジは「あり」か「なし」か・・・

2020/09/12日本経済新聞『投信調査隊 為替ヘッジ ありか、なしか』より 毎週土曜日のM&Iコーナーは資産運用に関する基本的な部分を改めて見直す点でとても良いコーナーだと思います。 今回のテーマは「為替ヘッジするかしないか」です。資産運用における分散投資の際に、必須と

バイバイ…アベノミクス(下)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーより、バイバイ…アベノミクス続編。 企業が企業価値を高め、家計が潤い、生活者の消費が活発化するという 「トリクルダウン理論」。このパスの大切な担い手である家計はどうか? 18

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.