• RYUICHI MOTOHASHI

最近、人気を集めるESG投資だけど・・・


2020/07/22日本経済新聞『ESG投資個人にも』より ESG(環境・社会・統治)を重視する投資が個人投資家にも広がりつつあるとあり、

4-6月期のESG関連投信への純資金流入額は約780億ドル(約8兆円)と過去最大に達したとあります。

日本でも7/20設定のESG関連の新しい投信が3800億円超を集めており、新型コロナ蔓延を機に環境や社会に配慮しながら持続成長できる企業への投資するという機運が高まってきている表れでしょう。因みにこのファンドは同日紙面に広告が記載されています。 ESG投資財務的要素だけでなく、、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)への取り組みを加味し、企業への投資を行うものです。欧米の機関投資家は自らの判断基準によって投資先を選別しますが、個人投資家はプロが銘柄を選んだ投資信託を通じて投資を行うというのが一般的です。 米ブラックロックが運用するESG関連の米国ETFは4-6月期で24億ドル(2500億円超)が流入しているのを始め、世界的にESG関連投信への資金流入は継続したトレンドのようです。 株主の利益追求が最重視されてきた従来型資本主義から、お客さま、従業員や地域社会などとの共生も、企業経営の大切な要素となってきつつある現代においては今風のテーマ型投資ではありますが、ややマーケティング用のキャッチコピーに使われている感は否めないような・・・ ESG投信もETFも、構成銘柄は誰でも知っているあのグローバル優良企業ばかりです。


最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ