• RYUICHI MOTOHASHI

最近、人気を集めるESG投資だけど・・・


2020/07/22日本経済新聞『ESG投資個人にも』より ESG(環境・社会・統治)を重視する投資が個人投資家にも広がりつつあるとあり、

4-6月期のESG関連投信への純資金流入額は約780億ドル(約8兆円)と過去最大に達したとあります。

日本でも7/20設定のESG関連の新しい投信が3800億円超を集めており、新型コロナ蔓延を機に環境や社会に配慮しながら持続成長できる企業への投資するという機運が高まってきている表れでしょう。因みにこのファンドは同日紙面に広告が記載されています。 ESG投資財務的要素だけでなく、、環境(E)、社会(S)、企業統治(G)への取り組みを加味し、企業への投資を行うものです。欧米の機関投資家は自らの判断基準によって投資先を選別しますが、個人投資家はプロが銘柄を選んだ投資信託を通じて投資を行うというのが一般的です。 米ブラックロックが運用するESG関連の米国ETFは4-6月期で24億ドル(2500億円超)が流入しているのを始め、世界的にESG関連投信への資金流入は継続したトレンドのようです。 株主の利益追求が最重視されてきた従来型資本主義から、お客さま、従業員や地域社会などとの共生も、企業経営の大切な要素となってきつつある現代においては今風のテーマ型投資ではありますが、ややマーケティング用のキャッチコピーに使われている感は否めないような・・・ ESG投信もETFも、構成銘柄は誰でも知っているあのグローバル優良企業ばかりです。


最新記事

すべて表示

「カネは天下の回りもの」から重要な指標を見る…

2021/01/05日本経済新聞『カネは天下の回りもの』より コロナ禍で発行増となった国債を誰が買っているのか?という問いに多くの方は「日銀」と答えると思いますが、もう一つ忘れてはならない投資主体は「銀行」です。内閣府試算では、2020年1~9月の年換算では銀行の国債保有額は29兆円も増加しています。 15年~19年は年平均で国債保有額を28.2兆円減らしていたようですので、コロナ禍での投

20年回顧録:揺れた市況-ゴールド編-

2020/12/23日本経済新聞『20年回顧 揺れた市況』ゴールド編より 2020年に最も注目を浴びた資産と言ってもいいゴールド(金)。 コロナショックによる経済悪化を食い止めるべく、各国政府は財政・金融政策を拡大。溢れ出た投資マネーは金市場に殺到し、金の価格は11年9カ月ぶりに過去最高を記録。 物理的に人やモノの動きがストップされてしまったコロナ禍ならではの側面も、金取引に大きな影響をも

40年間の債券黄金時代の終焉…

2020/12/22日本経済新聞『終焉迎える債券黄金時代』より 20年のマーケットも残り約1週間です。戦後最悪とも言える景気後退の中で、記録的な急回復を見せる株式市場に隠れて、もう一つの歴史に残る今年の出来事があります。40年続いた「債券黄金時代」の終焉です。 3月にFRBは遂にゼロ金利に踏み切り、昨年末に1.9%程度だった米国10年債利回りは3月、7-8月には遂にここまでとも言える0.5%

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.