• RYUICHI MOTOHASHI

コロナの影響から考えるREIT市場

2020/05/23日本経済新聞『REIT相場 戻り鈍く』より

東証に上場するJ-REIT相場の戻りが鈍いとあり、日経平均株価が3月の底値を起点に大幅反発する中で、REITの戻りが鈍いのは「不動産」にリンクする資産という特性に原因がありそうだとあります。

中でもオフィスビルに投資するREIT中心に、今後のオフィス入居率悪化や賃料減少を懸念する声も聞かれ、今後、分配金を減らすREITも増える可能性も指摘されています。

REITは現在約60銘柄が東証に上場しており、分配金を投資口(株価に当たる)で割った利回りは平均で4.4%程度。22日の東証REIT指数は1619、この指数は昨年10月から20年2月中旬には約12年ぶりの高値にありましたが、コロナの影響(地銀などの金融機関の決算前の投げ売りもあったと思います…)から3月に急落、その後は戻していますが今年2月の高値からはまだ3割ほど低い水準に低迷しています。

最近特に低調なのはオフィス系のREITのようで、4月以降ジワジワ低下しており、会社員の在宅勤務が定着し始めてオフィス需要減少が懸念され、コロナ収束後も元には戻らないのではないかとされています。

REITの主な投資家である地方銀行、外国人、投資信託などの機関投資家の多くは、オフィス需要の先行き不透明との見立てによって、投資需要が減退しているようです。

オフィス以外では、インバウンド客の激減で稼働率が落ちているホテル系、保有施設のテナントの休業が目立つ商業施設系REITも業況が厳しいそうです。

先行き減配懸念が高まる中で、主なREITの買い手は日銀です。

3月の追加金融緩和策でREITの年間買い入れ枠を従来の900億円から1800億円と倍額に引き上げ、今年に実際買い入れた額は655億円とあり、すでに19年通年を上回る額です。このペースが仮に続くと20年は年間1000億円を超え、過去最大の可能性もあるとされます。

世界的な金融緩和と低金利の中で、様々な投資家から利回り獲得目的で投資対象として資金を集めてきたREITでしたが、新型コロナによる今後の不動産市況・賃料収入への影響について、投資家がどのように考えるかによって市場動向が左右されていくとになります。

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ

近くて遠い中銀と株価でも「波乱保険」は効くのか?

2021/06/07日本経済新聞『近くて遠い中銀と株価』より 米国株式の最高値更新が目前に迫る中、表の要因がワクチン普及による経済正常化であるならば、裏の要因はリスク尺度の変動率低下と言えると始まっている記事。ここには中央銀行のサポートによる「株安保険」の影がちらちらとしています。中銀との距離感がリスク資産の価格を左右する状況は、市場と当局の両社にとってリスクを孕みます。 米ダウ工業株30種平