• RYUICHI MOTOHASHI

お客さま感謝企画@鎌倉

快晴のお出かけ日和の2/24(月祝)は、私が独立以前から応援頂いています

当オフィスのご契約さまと総勢8名にて、春の鎌倉散策に出かけました。


午前中は鎌倉投信様で鎌田社長より、投資先である「いい会社」や何故この鎌倉の築100年近くの古民家を本社としたのか、さらに創業当時からのファンドに賭ける想いやご苦労話を私共8名にプライベートのレクチャーで。とても貴重でアットホームな勉強会でした。

そして皆さまでランチをご一緒し、私の独立当時の思い出話で盛り上がった後は、

皆さまと鶴岡八幡宮にお参りしてきました。

創業当時からご支援いただいたお客さまへ感謝です。 最後は、私を鎌田社長にお引き合わせいただいた鎌倉のS様宅にご挨拶。

ありがたい多くのご縁にて実現できたお客さま感謝企画の一日でした。 昨年12月、S様宅で鎌倉投信 鎌田社長からの嬉しいご提案… https://ameblo.jp/private-fa/entry-12553372332.html Sさん、鎌田社長、皆さまありがとうございました!

最新記事

すべて表示

「カネは天下の回りもの」から重要な指標を見る…

2021/01/05日本経済新聞『カネは天下の回りもの』より コロナ禍で発行増となった国債を誰が買っているのか?という問いに多くの方は「日銀」と答えると思いますが、もう一つ忘れてはならない投資主体は「銀行」です。内閣府試算では、2020年1~9月の年換算では銀行の国債保有額は29兆円も増加しています。 15年~19年は年平均で国債保有額を28.2兆円減らしていたようですので、コロナ禍での投

20年回顧録:揺れた市況-ゴールド編-

2020/12/23日本経済新聞『20年回顧 揺れた市況』ゴールド編より 2020年に最も注目を浴びた資産と言ってもいいゴールド(金)。 コロナショックによる経済悪化を食い止めるべく、各国政府は財政・金融政策を拡大。溢れ出た投資マネーは金市場に殺到し、金の価格は11年9カ月ぶりに過去最高を記録。 物理的に人やモノの動きがストップされてしまったコロナ禍ならではの側面も、金取引に大きな影響をも

40年間の債券黄金時代の終焉…

2020/12/22日本経済新聞『終焉迎える債券黄金時代』より 20年のマーケットも残り約1週間です。戦後最悪とも言える景気後退の中で、記録的な急回復を見せる株式市場に隠れて、もう一つの歴史に残る今年の出来事があります。40年続いた「債券黄金時代」の終焉です。 3月にFRBは遂にゼロ金利に踏み切り、昨年末に1.9%程度だった米国10年債利回りは3月、7-8月には遂にここまでとも言える0.5%

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.