• RYUICHI MOTOHASHI

「いい会社」への投資で100年続く投資信託!

昨日は私のお客さまのご紹介で、「鎌倉投信」社長の鎌田さんにお会いさせて頂きました。

提供するファンド「結い2101」のコンセプトは3つの「わ」(和・話・輪)をテーマ

掲げておられ、その信条に嘘偽りない鎌田さんのお人柄というものを、とても身近に感じさせて頂きました。


リーマンショック直後の創業期からの様々なお話や金融・資産運用業という虚業と言われることも多い業界で、お客さまとのコミュニケーション投資先である「いい会社」と投資家との懸け橋の拘りなど、同社が大切にしていることを包み隠さずお聞かせいただきました。


さらに初対面であるのに関わらず、、、、なんと!

「ご投資家の皆さまが資産運用で大切なことは、永く継続してもらうなんですよ。

何か一緒に出来ることがあれば、是非ご協力しますよ!」という言葉には感動してしまいました。


そもそも今回の鎌田さんとの面談、私が尊敬し人生の大先輩/名経営者Sさんの

お導きで実現したものです。


Sさんからは「年々感じる人生の時間は自分の年齢㎞の速さで進んでいるから、

年を重ねる事にどんどん体感する時間が速くなる。だから100%全力で自分で信じたことをやり切らないとならない」と。


そんなSさんは時速65㎞、鎌田さん54㎞、私45㎞、大先輩2人のスピードには到底追いつけないのですが、私なりに様々な工夫をして、頭に汗をかきながら近づきたいと思います。


とっても贅沢で大きな気づきの空間と時間でした。


Sさん、鎌田さん、ありがとうございます!


@誰も見つけることができない鎌倉秘密のBar

マスターのSさんが作ってくれる世界一美味しいハーパーソーダで乾杯しました。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

投信の「売買回転率」って?

2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期

「顧客本位」ではなく、「個客志向」の金融サービスでなくてはならないヒント

最近、いろいろな方面からIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として 「どのようにお客さまをサポートしているのですか?」と聞かれたり、様々な立場のお客さまのご紹介を頂いたする機会が多くなってきました。 金融機関という立派な看板がない立場として、こうしたお話は素直に非常に嬉しいです。 そしてお客さまのご希望や悩みをお聞きすると、やはり1年前のトピックスに共通項があるような気がします。

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.