• RYUICHI MOTOHASHI

2020年ヒット予想ランキング: 第26位は〇〇と▲▲

2019/10/29博報堂生活総合研究所

生活者が選ぶ『2020年ヒット予想ランキング』より


本日は新聞紙面ではなく、博報堂生活総合研究所による生活者が選ぶ『2020年ヒット予想ランキング』から、今後世間で注目される商品・サービスやコンテンツは何かについて考えてみました。

選択のキーワードは「変化本番」であり、根底にあるのは社会の大きな節目と向き合う商品・サービスとあります。そしてランキング分析の『変化本番』は5つの要素からアプローチされていました。


①グローバルイベントによる変化本番:東京オリンピック・パラリンピック、外国人向けサービス他。②次世代通信による変化本番:次世代通信5G、IoT、eスポーツ他。③キャッシュレス化による変化本番:消費増税、キャッシュレス決済、QRコード決済他、④働き方改革による変化本番:働き方改革、副業、個人配達フードデリバリ、フリマアプリ他、

そして⑤超高齢化による変化本番:ドライブレコーダー、自動運転システム搭載車、終活、そして私達がサポートすべき「資産運用・資産形成」が26位にランクイン

長期化する人生に自ら対処しようとする動きの高まりによる結果です。


世の中で関心度が高まっているテーマをおさえずして、多様化するお客さまの価値観を大切にしながら、少し先回りした心地よいサービス提供は難しい。。。

最近、私が身を置くIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)・FPという業界でも、

急激に大きな変化が迫り、良くも悪くも「老後2000万円問題」で注目を集める機会が多く

なりました。変化が早い世の中の関心事に感度の鈍いアドバイザーには、継続的なビジネスは難しいかもしれません。私はまだまだお客さまのために、やらなければならない事がたくさんありますので、アンテナを高くして進化していきたいと思っています。


因みに、、、今年も残り2か月。2019年のヒット商品ランキング1位は、、、 街角での大行列、異常な店舗増加といった広がりが目に見えるブームとなった

「タピオカ(台湾文化)」です。

2020年の超高齢による変化本番と合わせて考えると、、、

現在の「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨@東京豊島区が、

将来「おばあちゃんの原宿」は今のそのままの原宿@東京渋谷区となり、

〇十年後も元気なおばあちゃん達が店頭タピオカを飲んだり、高性能スマホで写真を撮ってSNSにアップ、5G通信で映像公開をしていたり、現在と大きく変化している世の中=元気なおばあちゃんが溢れる「超高齢化という変化本番」になっているかもしれません。 ※ただし、間違いなく「タピオカ」は違う何か流行りモノになっていることでしょう。。。

こうした観点から、世の中のサービス、商品、企業そしてビジネスを考えながら、投資テーマや銘柄、何しろお客さまへのアドバイスのネタとなる仮説を思い巡らせる日々は、

私にとってのとても大切で楽しい時間なのです。


※博報堂生活総合研究所 2020年ヒット予想は→こちらです。

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ