• RYUICHI MOTOHASHI

消えゆく個人投資家

2018/12/23付 日本経済新聞(朝刊)に『消えゆく個人投資家』の記事がありました。


簡単に要約すると、①日本ではこれまで資産運用をしてきた個人投資家のほとんどは60代・70代のシニア層であり、しかもここ20年間でその資産額は殆ど増えていない(同期間で資産額が約3倍になった米国と対照的)、②金融資産の過半をこのシニア層が保有し、しかも株式、投資信託というリスク資産を多く保有している、③シニア層投資家の相続時には次世代に引き継がれず、“運用資産”からある日突然“消滅するという内容です。


日本では、まだまだ資産運用=一部の年配の「お金持ち」が行うこと専門的な経済知識が必要な特別なこと、そして運に左右されるギャンブルのようなことだというイメージが強く、米国のように、生涯設計に必要な資金は自分の力で、長期に渡り資産形成を行うという意識が浸透してないためではないかと思います。

そして若いうちから欧米のように家庭や学校において金銭教育を受ける機会がない、資産形成に関する心がまえを備えていないことが、日本において世代を超えた長期に渡る資産運用や資産移転を難しくしているのではないかと感じます。


近年、現役世代向けに積立NISAやイデコといった資産形成のための制度が整備され、従来に比べ若いうちから資産運用をスタートするチャンスは多くなってきました。

このような記事を見ると、私たち資産運用アドバイザーが、生活者の皆さまにも、

「長期で続けられる資産運用力」をきちんと伝える工夫をしていかければならないと思う今日この頃です。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

NY株、史上初の30,000ドル台のけん引役は、やはりIT企業…

2020/11/26日本経済新聞『危機下の株高 IT主導』より ここ数日毎日目にする「NY株、史上初30,000ドル到達」の見出し。NY株関連のトピックスをおさらいしてみます。 米ダウ工業株30種平均は11/24に史上初の30,000ドル台に乗せました。成長を加速する巨大IT企業がけん引する産業構造転換で、20,000ドルを付けた17年からわずか4年弱で1万ドル上昇。20年3月のコロナショ

投信の「売買回転率」って?

2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.