• Naoto Tamura

予算を抑え、最大限の成果を

最終更新: 2019年7月3日


ブログ記事の本文です。画像付きのブログ記事は目に留まりやすいので、印象的な画像を選びましょう。動画の追加もユーザーとの繋がりを強めるために有効です。ギャラリーを追加すれば記事はさらに魅力的になります。これまで以上にかんたんな操作で、読者を惹きつけるコンテンツを作成しましょう。


Wix ブログでは様々なレイアウトをご用意しています。「デザイン」をクリックして好みのレイアウトを選択してください。執筆者名やいいね!カウンターなど、ブログフィードに表示する項目は「設定」から変更してください。それぞれのレイアウトには、最新のソーシャル機能がつまっています。訪問者は記事を Facebook や Twitter でワンクリックでシェアすることができ、また「いいね!」の数やコメントなども確認することができます。


#予算 #リターン

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

日経平均株価3万円回復に考える…【番外編】

2021/02/16日本経済新聞『3万円回復 課題なお』より 日経平均株価が30年半ぶりに3万円台を回復しても、実感がないという意見が多いのは、①日本株の買い主体が外国人と日銀である、②米国と違い新陳代謝が鈍くて小粒企業が多いという2つの要因でしょう。 まず①の個人投資家が株価上昇を肌で感じていないことではないでしょうか?紙面にも「景気との差があり過ぎて違和感しかない」というコメントや「平

日経平均株価3万円回復に考える…【後編】

2021/02/16日本経済新聞『日経平均3万円回復』より 日本企業も30年間の努力と進化の結果、日経平均株価3万円台を回復でアッパレ! しかし、まだまだ米国企業にはビハインドしているのは事実です。 米国ダウ工業株30種平均はこの30年で3000ドルから3万1,000ドルと10倍へ。特にGAFAと言われる巨大IT企業の30年間の急成長は文句なしに見事です。 米国アップルなど上位5社の時価総額合

日経平均株価3万円回復に考える…【前編】

2021/02/16日本経済新聞『日経平均3万円回復』より 今週大きく報じられたこのトピックスは書き残しておかないとならないと思います。2/15の東京株式市場では日経平均が1990年8月以来30年半ぶりに3万円の大台に乗せ、話題に?なっています(この?の理由も折に触れて・・・)。 日本企業の稼ぐ力こそバブル崩壊後の長期低迷を経て底上げされてきているものの、米国メガIT企業並みの高収益企業は

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.