• RYUICHI MOTOHASHI

【号外】川田さんとの対談企画@4/6


4/6(火)の午後は、投資家の皆さまに正しい情報をお届けするをモットーに一緒にお仕事をしていますエグゼトラスト川田さんと対談をさせて頂きました。 川田さんは「米国株式啓蒙家」兼米国投資情報誌「バロンズダイジェスト」の編集人であり、この方ほど米国株式を使った資産形成の可能性を心の底から信じ、楽しんでいる方はいないのではないかと思います。 本企画は、川田さんが運営するコミュニティ「川田重信のありがとうアメリカ株式」の会員様限定企画で、タイトルは…畏れ多くも、、、 現役IFAに聞く、始める・続ける「シンプル」資産形成術…


幾つか皆さまからの事前質問に答えつつ、リアルライブならではその場でのご質問にも可能な限り答えつつ、いつものように川田さんと私でいろいろな話を交え(時には大きく脱線しながら・・・)も、様々なご参加者の方が、それぞれ異なる想いで取り組んでいる資産運用に少しでもご参考になればとお話させて頂きました。 特に対面証券や銀行との上手く付き合う方法や、大手金融機関と私共のようなIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)とのお客様へのアドバイスやサポートの違いに関するご質問は、IFAという言葉が様々なメディアで露出してくる機会が増えるに従い、投資家の方々から関心を寄せられているのを実感できて、IFAとして活動する私もとても嬉しく思います。



日本には約4000人ほどいると言われるIFAは、それぞれのビジネススタイルも十人十色です。米国は国土が広大なため、金融機関の支店が津々浦々まで張り巡らせることが出来ないため、運用商品や保険のディストリビューターとして資産形成をサポートする地域に根差したFAが発展したと言われます。 日本でも米国に20-30年遅れること漸く昨今、資産形成のパートナーとしてこのIFAの活用が選択肢として検討されるという土壌ができ始めました。 もし皆さまがこのFAというチャネルをご自身の資産形成のパートナーとして選択されるとすれば、様々なご質問やご自身の価値観を理解して下さるFA選びに時間をかけて頂きたいと思います。 やはり大切なご資産やご家族、人生設計に関する考えや価値観を深く理解して貰えて何でも話せるパートナーがいることは、良い時も、悪い時も、まさか!の時も資産運用を長く続けるための必須条件となると思っています。 川田さん、運営の黒住さん、 そしてご参加の「ありがとうアメリカ株式」コミュニティの会員の皆さま。 今回もいろいろありがとうございます!また機会があれば是非。 川田さんが運営するコミュニティ「ありがとうアメリカ株式」サイトはこちら

            ↓↓↓

「川田重信のありがとうアメリカ株式」サイト ※こちらは、無料会員登録でも川田さんが毎日米国株式情報を「朝会」にてお話してくれてお得です!

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

「黒い白鳥指数」ついに過去最高!でクマさん出るか?

2021/07/03日本経済新聞『広がる「高所恐怖症」』より 連日高値更新の米国株式市場で広がる「高所恐怖症」・・・ 米シカゴ・オプション取引所が算出するスキュー指数は6/25に170.55と過去最高を更新。 継続的なインフレ懸念やIT株の割高感といったいろいろな懸念が重なって、起こる可能性は低いが、起こると株価急落を伴う「テールリスク」の警戒に繋がっているとあります。 スキューは別名ブラ

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ