• RYUICHI MOTOHASHI

【号外】2020/12Vivaアメリカ株式!勉強会 @Zoom

最終更新: 1月6日


12/5、12/7は私の個人事務所のお客さま限定企画として、米国投資情報週刊誌「バロンズダイジェスト」編集人であるエグゼトラスト川田社長によるVivaアメリカ株式勉強会Zoomで開催しました。


資産形成のための有力ツールである米国株式の真実を余すところなくご披露頂き、ご参加の方々から「大変参考になった!」などのご感想も多数いただきました。 マイクロソフトのOSであるWindowsやGoogleでの検索も毎日使い、アマゾンで買い物をし、アップル社のiphoneやipadのデバイスを保有、カード決済ではVisaの決済インフラを使い、今やこうした勉強会や私のコンサルティングもZoomで行う・・・等、 毎日の生活の一部に米国企業のサービスが当然のように浸透しています。 時価総額も存在感もどんどん大きくなる米国企業の成長は誰も疑う余地もありません。 そして効率的で株主を公平に保障する資本市場は株式=Equity(Equal:平等から派生)の象徴です。 「本当の株式市場は米国にしかないんですよ!」という川田さんのお言葉は、投資家へのリターンをきっちり返してきた米国株の素晴らしさに表れています。 川田さんのありがとうアメリカ株式チャンネルの場での対談から始まった、ありがたいご縁に感謝しつつ、多くのお客さまの資産形成に真に資するコンテンツをどんどん充実していきたいと思っています。 札幌から福岡までロケーションの壁がなくご参加いただいたお客さま、そして講師を2度もご快諾いただいた川田社長のご厚意に感謝いたします。 川田社長のありがとうアメリカ株式チャンネルはこちらです。 ※私も川田社長とお客さまの資産形成サポートについて対談シーンもあります! 本橋竜一の資産形成塾:現役IFAと考えるシンプル資産管理術 経営者ファミリーにとって大切な資産管理の思考70代企業経営者(後半)



最新記事

すべて表示

IMF世界経済の成長率は6.0%

2021/04/07日本経済新聞『世界 今年6.0%成長へ』より 国際通貨基金(IMF)は4/6改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを6.0%として、前回1月予測より0.5%引き上げました。 一時的な景気過熱が指摘される中で、世界は急回復する景気の勢いを上手くコントロールしながら、成長の持続力を高める政策へと軸足を移してゆくという難しい局面に差し掛かりつつあります。6%成長の実

金利上昇に耐久力で、米国株に元気が戻る?

2021/04/02日本経済新聞ウォール街ラウンドアップ 『米株高、金利上昇に耐久力』より 米国株式市場に明るさ戻る、、、という今後のマーケットに期待が持てる内容です。S&P500は4/1に4000ポイントの大台を超え史上最高値を更新、2~3月の株価足踏みの原因とされた米国10年金利の上昇もやや一休みとなってきたことで、投資マネーは再びリスク資産に向かっているようです。 4/1の米国株はア

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.