• RYUICHI MOTOHASHI

スイスのPBが大切にする「世代を超えた見えない資産」


とある秋晴れの午後、スイスの老舗プライベートバンクであるピクテ投信投資顧問さまの

ご招待で、同社が活動を支援する若手サクソフォン奏者:上野耕平さん

クラシック・サクソフォン・コンサート in サントリーホールに行きました。



サックスは1840年代に誕生した比較的新しい楽器で、金属(真ちゅう)で作られていながら、その発音原理からフルートやクラリネットと同じ木管楽器に分類されます。 サックスと言えばやはりJAZZのイメージですが、クラシック音楽としても全く違和感ないスバラシイ音色でした。四分音なんかは、初めは「?!」と思いますが、だんだんクセになる感じで・・・ コロナ禍で多くの文化イベントの中止や延期で、芸術に携わる方々も活動がままならない中、このような若手アーティストの応援を続けるプライベートバンクであるピクテ。 お客さまの大切な資産保全だけではなく、芸術・文化という目には見えない大切な資産保全にもコミットし、守り続けるスイスのPBの哲学を肌で感じた、清々しい「芸術の秋」の

ひと時でした... 私も以前UBSのプライベートバンカー時代に、何度もアート関連のクライアントイベントを企画・実施、お客さまとご一緒しましたが、限られた少人数で、サントリーホールの音響は、この上ない贅沢な空間に間違いないですね。

やはり私は米系よりも欧州系のPBスタイルの方が、コミットメントする時間軸・インテグリティ(真摯さ)等の面において親和性があるなと再認識しました。

ピクテさん贅沢な時間に感謝いたします。 ピクテパトロネージュプロジェクト   ↓↓ https://www.pictet.co.jp/company/patronage

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

投信の「売買回転率」って?

2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期

「顧客本位」ではなく、「個客志向」の金融サービスでなくてはならないヒント

最近、いろいろな方面からIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として 「どのようにお客さまをサポートしているのですか?」と聞かれたり、様々な立場のお客さまのご紹介を頂いたする機会が多くなってきました。 金融機関という立派な看板がない立場として、こうしたお話は素直に非常に嬉しいです。 そしてお客さまのご希望や悩みをお聞きすると、やはり1年前のトピックスに共通項があるような気がします。

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.