• RYUICHI MOTOHASHI

「貯蓄から投資へ」に万能の議論なし


2020/10/10日本経済新聞『貯蓄から投資は万能か』より 従来から預貯金比率が高い家計の金融資産を株式などの証券投資へ誘導しようという

「貯蓄から投資へ」が言われて久しいのですが、なかなかその流れは変わらず、20年6月末では家計金融資産1883兆円のうち、約54.7%の1031兆円が現金・預金のままとなっているようです。 この「貯蓄から投資へ」運動を一歩引いてみてみると、個々の家計ベースでは一律で考えることが出来ない課題もありそうだとあります。 まず第一、家計にはそれぞれ固有の異なる状況があり、「なぜ貯蓄から投資への行動に移せないのか?」という観点から考えるのは難しいという点。 日本の株式市場の姿は、2019年12月末を終点とする過去5年、10年、20年の日経平均の年間騰落率は、5年で6.27%、10年で8.41%、20年で1.12%であったようです。期間ごとの株価が年間で上がった年、下がった年の回数では、5年では上昇4回/下落1回、10年では上昇7回/下落3回、20年では上昇12回/下落8回となるようです。 長期間ではある程度の投資収益率が期待できる株式投資は言え、1-2年などの短期間では予想外の損失の可能性も出てきます。株式などのリスク資産での投資は有力な選択肢ではあるにせよ、リスクを許容できることが前提条件であるとも言っています。


若い世代では投資期間の長さを武器にリスクに対応でき、逆に資金を取り崩すシニア世代では過大なリスクテイクは取り返しがつかない結果にもなりかねません。 さらに富裕層なら不意の損失にも耐えられるものの、一般的な高齢者世帯ではリスク投資のハードルは高いともあり、国債・国内債券系投信など低リスク資産や預貯金比率が高いことはそれなりに合理的な行動とも言えそうです。

第二に、「貯蓄から投資へ」が進むと、その資金が企業に回り経済活性化に資するというのは議論は危ういとあります。株式市場での株式投資は、投資家Aが市場で流通する株式の買い注文を出し、約定(成約)すると、買い手である投資家Aの購入代金は売り手である投資家Bに支払われて売買取引は完結します。ですから資金の流れはある投資家から別の投資家に資金が移るだけで、株式を発行している企業の資金繰りとは無関係ですね。 (ただし企業による株式の売り出し、公募増資および新規株式公開(IPO)は、企業は新たに投資マネーを手にすることは出来ます) この記事はいろいろ各方面で「貯蓄から投資へ」が議論されるけれども、本質と現実を直視して議論されるべきだと終わっていました。 経済活性化のために企業を投資行動で応援するためには、投資家同志が自由に売買できる場としての株式市場の存在が欠かせませんし、いろいろな投資尺度や投資観も重要でしょう。 皆が長期投資こそ株式投資だと言って、誰も売る人がいなかったら売買が成立できません。やはり市場でも投資家でも、万能な「貯蓄から投資へ」というのはなく、それぞれの「貯蓄から投資へ」があるのだと思います。

最新記事

すべて表示

IMF世界経済の成長率は6.0%

2021/04/07日本経済新聞『世界 今年6.0%成長へ』より 国際通貨基金(IMF)は4/6改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを6.0%として、前回1月予測より0.5%引き上げました。 一時的な景気過熱が指摘される中で、世界は急回復する景気の勢いを上手くコントロールしながら、成長の持続力を高める政策へと軸足を移してゆくという難しい局面に差し掛かりつつあります。6%成長の実

金利上昇に耐久力で、米国株に元気が戻る?

2021/04/02日本経済新聞ウォール街ラウンドアップ 『米株高、金利上昇に耐久力』より 米国株式市場に明るさ戻る、、、という今後のマーケットに期待が持てる内容です。S&P500は4/1に4000ポイントの大台を超え史上最高値を更新、2~3月の株価足踏みの原因とされた米国10年金利の上昇もやや一休みとなってきたことで、投資マネーは再びリスク資産に向かっているようです。 4/1の米国株はア

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.