• RYUICHI MOTOHASHI

ありがとうアメリカ株式チャンネル



秋の4連休最終日の本日9/22は米国の投資週刊誌「バロンズダイジェスト」編集人であり、 エグゼトラスト川田社長の「ありがとうアメリカ株式」チャンネルにお招き頂き、外国株式での資産運用について対談いたしました。

実はこの企画、時々川田社長と「ご投資家の皆さまの長期的な資産形成のため、外国株式をどのように身近に感じてもらうか」を議論する中で、「今度番組で対談しよう!」とお声がけくださり実現したものです。 資産形成・運用で成功に近づくためには、 長期スパンでの分散投資という視点からポートフォリオを組み立てていくのが大切です・・・なんて釈迦に説法のごとく誰でも知っているよということですが、、、


では実際にどのようにして運用資産の中に組み入れてゆくのか?敢えてフィーを負担してまでも、アドバイザーと一緒に資産運用を行う理由は?といったことをテーマに対談させて頂きました。 ご興味ある方は是非ご覧ください。    ↓↓↓↓  川田さんとの対談

*********************************************************

川田さん

今日は貴重な番組の一コマにお呼びいただき、感謝いたします。少しでもご投資家の皆さまにお役に立てれば嬉しく思います。そして「対談、来てね!」という川田さんのお言葉は

もっと嬉しかったです。Vivaアメリカ株式! 川田重信のありがとうアメリカ株式 WEBサイトはこちら     ↓↓↓ https://www.kawataamekabu.com/

最新記事

すべて表示

登山家と投資家、「クライマーズハイ」からの目覚めが怖い・・

2021/01/14日本経済新聞『高値恐怖症 すくむ市場』より 1/13の日経平均株価は続伸したものの、半導体や機械銘柄など局地的上昇に留まりつつあり、遂に投資家は「高所恐怖症」で足がすくんでいるように見えると表現されています。 強烈なカネ余りで株価を押し上げてきた陶酔感から、局面が変化しつつかるかもしれないと始まっている記事。 今年の相場想定は各社「ワクチン普及と過剰流動性をベースに強気

米国長期金利の上昇がもたらすリスク

2021/01/13日本経済新聞『米長期金利 上昇に勢い』より 米国で長期金利の上昇に勢いづいています。バイデン次期政権のもとでの財政拡大観測と物価が将来的に上昇するとの見方がマーケットで広がっているためです。 この金利上昇でドル安の歯止めになる兆しも出てきて、これまで比較的買われてきた金価格も下落に転じる局面も出てきて、米国の超低金利が資産市場や世界経済を支える構図が変化するかもしれない

21年「いいとこ取り」の世界の株価続伸は喜んでいいのか?

2021/01/09日本経済新聞『海外指数も軒並み高値』より 21年スタート早々1週間終わった1/8の東京株式市場は、日経平均株価が280,139円と30年ぶり高値を更新。米国ではバイデン次期政権が財政拡大を進め、当面は金融緩和が継続との見方から、海外の株価指数もそろって高値を更新しています。 先行き楽観論で株高継続の流れは海外でも顕著。20年末比でドイツのDAXや仏CAC40は7日までで

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.