• RYUICHI MOTOHASHI

積み立て投資の王道…Simple is the Best!!


2020/08/20日本経済新聞『積み立て投資の王道』より 今年3月、リーマンショックの再来とも言われたコロナショックによる株価急落は、リスクを取って運用を行う投資家に資産の下落に耐え切れず売却に走る行動、逆に投資方針を変えずコツコツ積立を止めない長期投資へのコミットする姿勢も見受けられました。 特に後者には長い人生において老後を生き抜くためには、現役時代からの資産づくりが何より大切だとのコンセンサスができつつある結果なのかななどと思います。この老後の資産形成にとって、長期投資の習得に寄与する良質な投資情報の価値は格別だとあり、具体的な実例があれば、なお効果が高いと言っています。その良い実例が米国連邦政府職員年金(TSP)のケースだと紹介されています。加入者約550万人、総資産は約5600億ドル(約60兆円)の世界最大級の確定拠出年金だとあります。 その投資スキームは実にシンプルかつ分かりやすい(確かに私も様々なレポートを見てみましたが、加入者にとって非常に選択しやすい印象です)。


主なポイントは以下の通り。


第一に、投資先のファンド数は全部で5つ他に退職まで期間の違いによって組み入れ比率が決まるライフサイクルファンドがありましたが、やはりこれらも5つのファンドを投資対象としています。


第二に、各ファンドの投資対象は大型株、中小型株、外国株、国内債、政府短期証券とオーソドックスそのもの


第三に、これらはすべて指数連動のインデックスファンドであり、運用コストは最高でも0.06%と非常に低く設定。


第四に、ライフサイクルファンドはメリハリが効いた資産配分、45年後から取り崩しを開始する若者向けライフサイクルファンドでは、大型株48%、中小型株16%、外国株35%、債券等が1%と実に99%が株式での運用。逆に退職世代向けファンドは大型株11%、中小型株3%、外国株8%、債券6%、政府短期証券72%と約80%近くが債券系と、安定運用を重視。 長期投資の鉄則は、①投資期間の長さを武器にリスクに立ち向かう②分散投資でリスクを緩和③低コスト運用に徹する-ですが、このTSPの投資スキームはこの基本に忠実だとあり、積立投資の王道そのものだと終わっています。


まさに市場が効率的で資本市場の国:米国ならでは正統派な投資理論だと思います。

Simple is the Best!! つい日本では、、と考えてしまう自分が悲しいです。

最新記事

すべて表示

金利上昇に耐久力で、米国株に元気が戻る?

2021/04/02日本経済新聞ウォール街ラウンドアップ 『米株高、金利上昇に耐久力』より 米国株式市場に明るさ戻る、、、という今後のマーケットに期待が持てる内容です。S&P500は4/1に4000ポイントの大台を超え史上最高値を更新、2~3月の株価足踏みの原因とされた米国10年金利の上昇もやや一休みとなってきたことで、投資マネーは再びリスク資産に向かっているようです。 4/1の米国株はア

米国金利上昇でも強気を貫く「女王」の戦略

2021/02/25日本経済新聞『金利上昇、強気貫く女王』より 2月最終週の話題は専ら「米国金利の上昇」でした… 2/24は米国長期金利は上昇すれども、前の日に見られたハイテク株の売りは限定的で、連日下落していたテスラも5日ぶりに反発。金利が上がっても買い!という一部ファンドや個人投資家の強気ぶりも健在とあります。 長期金利の上昇で株価はどうなる?特にハイテク株への余波を聞くならこの人を外

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.