• RYUICHI MOTOHASHI

【号外】Vivaアメリカ株式!勉強会 @Zoom


異常な暑さを記録した8/17の午後、私が定期的に主宰するIFAやPB仲間のZoom勉強会に、米国投資情報誌「バロンズダイジェスト」編集人、米国株式啓蒙家としても著名なエグゼトラスト川田社長をお呼びして、 「Vivaアメリカ株式!勉強会@Zoom」を開催しました。 ・過去数十年にはいろいろなショックを経験しながらも、不死鳥のように蘇る

米国株式の真実・・・

・上昇を続ける米国株式市場の根底にある、欧州、新興国および日本とは全く違う

企業経営者や投資家のメンタリティ・・・

・たかがインデックスと侮るなかれ!適者生存のメカニズムを内蔵したS&P500の

素晴らしさ!

・それ故にウォーレンバフェットにさえ、「米国短期国債を10%とS&P500に連動するインデックスファンドで資産運用は十分」と言わしめるほど、長期保有でのS&P500の運用実績


等々・・・ 長年、米国株式に触れ、米国著名投資週刊誌バロンズに目を通されてきた川田さんならではの視点に、参加者皆、ウンウン頷いていました。

そして即お客さまへのご提案や資産運用に活かせる具体的なアイデアや質疑応答もたっぷりお時間を頂き、とても内容の濃い勉強会になりました。 川田さんは、私達のようなIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)の支援だけではなく、真剣に資産形成・資産運用を行いたい個人投資家の方々にも米国株式の魅力を毎朝伝えています。

こちらもとても真面目なコミュニティになっておりますので、是非覗いてみては如何でしょうか?(※私も毎朝チェックしています・・・) WEB:川田重信のアメリカ株式 https://www.kawataamekabu.com/

私からの急なお願いにもかかわらずご快諾いただいた川田社長には感謝いたします。

52回の閲覧

最新記事

すべて表示

為替ヘッジは「あり」か「なし」か・・・

2020/09/12日本経済新聞『投信調査隊 為替ヘッジ ありか、なしか』より 毎週土曜日のM&Iコーナーは資産運用に関する基本的な部分を改めて見直す点でとても良いコーナーだと思います。 今回のテーマは「為替ヘッジするかしないか」です。資産運用における分散投資の際に、必須と

バイバイ…アベノミクス(下)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーより、バイバイ…アベノミクス続編。 企業が企業価値を高め、家計が潤い、生活者の消費が活発化するという 「トリクルダウン理論」。このパスの大切な担い手である家計はどうか? 18

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.