• RYUICHI MOTOHASHI

インデックスファンドの肝!指数プロバイダー

昨年2019年の今日(7/23)のトピックをいつもと違った観点で振り返ってみます・・・

2019/07/23の記事「指数連動型ファンド信仰の先に・・・」は


こちら↓


https://ameblo.jp/private-fa/entry-12612940565.html

最近、指数連動(インデックス)運用の台頭がより多く取り上げられるようになり、事実投資家からの資金流入額も大きくなっているのは、私がこのブログでも紹介している通りです。さらに直近ではESG投資に関する話題もご紹介させて頂きました。 私も毎日お客さまへの提案において、見ない日はない「アノ株価指数」・・・ 実際に指数を算出し、商品化する金融機関に提供している指数プロバイダー2社、

MSCI(#MSCIS&Pグローバルインク(#SPGIの株価は非常に好調。

実は、、、少し前から米国株のリスクが取れる方には少々ご提案済。 2社の中でもESG関連の指数算出に強いと言われるMSCIはライセンス収入によりブーストがかかるかもしれないですね。 ただ、死角がないわけではないようです。

フィデリティのようにインデックス運用のため独自の指数を開発する業者の出現、指数提供先の大手金融機関からの価格引き下げ圧力、EUではベンチマーク規制などこれまで収益性が高かった指数プロバイダーのビジネスモデルも転換するかもしれませんが、個人的には、まだまだ競争力が高い指数プロバイダーは注目していきたいです。


これぞ「灯台下暗し」!でした。

最新記事

すべて表示

IMF世界経済の成長率は6.0%

2021/04/07日本経済新聞『世界 今年6.0%成長へ』より 国際通貨基金(IMF)は4/6改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを6.0%として、前回1月予測より0.5%引き上げました。 一時的な景気過熱が指摘される中で、世界は急回復する景気の勢いを上手くコントロールしながら、成長の持続力を高める政策へと軸足を移してゆくという難しい局面に差し掛かりつつあります。6%成長の実

金利上昇に耐久力で、米国株に元気が戻る?

2021/04/02日本経済新聞ウォール街ラウンドアップ 『米株高、金利上昇に耐久力』より 米国株式市場に明るさ戻る、、、という今後のマーケットに期待が持てる内容です。S&P500は4/1に4000ポイントの大台を超え史上最高値を更新、2~3月の株価足踏みの原因とされた米国10年金利の上昇もやや一休みとなってきたことで、投資マネーは再びリスク資産に向かっているようです。 4/1の米国株はア

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.