• RYUICHI MOTOHASHI

振り返り記事…”人生は資産運用力で乗り切るマラソンだ”


時々、1年前(2019年6月)のこの時期の記事を振り返ります。 その時その時ならではの話題もあるのですが、いつ見返してもエッセンスが変わらない

話題もあります。 今回はその後者のジャンルのトピックスです。 多くの方は資産運用を始める時に、お金を増やして成し遂げたい目標があります。

しかしリスクを取って行う資産形成・資産運用には時間がかかります。


長期投資で時間をかければリスクを抑えることができるというのは、すべてが正しいわけではなく、長く運用していても投資先の資産自体のリスクは変わりません。

(株式の変動自体が小さくなるわけではないのです) ですので、一度始めた資産運用が成功するためには、長く続けていただく事がとても重要なポイントとなります。 時々走っているペースを見直し、時には休んだりコースを確認したり、、、 ゴールまでの長期戦を着実に完走するマラソンに例えられることもあります。

私たちの仕事はお客さまに良い銘柄や投信信託などの金融商品を提案することではなく、

お客さまが途中で資産運用を断念してしまわないように、行動をコーチングしたりエンカレッジしたりすることだと思っています。


米国のバンガード社のレポートでも、アドバイザーの行動コーチングが投資家のリターン源泉の半分程度を占めているとされており、パフォーマンスの成否を分けるのは、コスト低減でも資産配分でもリバランスでもないのは結構意外でした。

このレポートのタイトルは「Advisors'α(アルファ)」です。 ※コストにシビアなインデックス運用大手バンガード社のリサーチというのも意外です。 2019/6の記事はこちら↓↓です。

https://ameblo.jp/private-fa/entry-12481159470.html


14回の閲覧

最新記事

すべて表示

NY株、史上初の30,000ドル台のけん引役は、やはりIT企業…

2020/11/26日本経済新聞『危機下の株高 IT主導』より ここ数日毎日目にする「NY株、史上初30,000ドル到達」の見出し。NY株関連のトピックスをおさらいしてみます。 米ダウ工業株30種平均は11/24に史上初の30,000ドル台に乗せました。成長を加速する巨大IT企業がけん引する産業構造転換で、20,000ドルを付けた17年からわずか4年弱で1万ドル上昇。20年3月のコロナショ

投信の「売買回転率」って?

2020/11/18日本経済新聞夕刊 投信番付 『大型ファンドの売買活発度 海外IT株型が高く』より 株式売買の活発度を測る「売買代金回転率」という指標があります。 これは売買代金が時価総額の何倍かを測るもので、値が高いほど売買が活発になされていることを示します。 本記事では、この指標を投信に適用して大型ファンドの売買動向を分析しています。1年間の設定額と解約額の和を、純資産残高の期首・期

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.