• RYUICHI MOTOHASHI

振り返り記事…”人生は資産運用力で乗り切るマラソンだ”


時々、1年前(2019年6月)のこの時期の記事を振り返ります。 その時その時ならではの話題もあるのですが、いつ見返してもエッセンスが変わらない

話題もあります。 今回はその後者のジャンルのトピックスです。 多くの方は資産運用を始める時に、お金を増やして成し遂げたい目標があります。

しかしリスクを取って行う資産形成・資産運用には時間がかかります。


長期投資で時間をかければリスクを抑えることができるというのは、すべてが正しいわけではなく、長く運用していても投資先の資産自体のリスクは変わりません。

(株式の変動自体が小さくなるわけではないのです) ですので、一度始めた資産運用が成功するためには、長く続けていただく事がとても重要なポイントとなります。 時々走っているペースを見直し、時には休んだりコースを確認したり、、、 ゴールまでの長期戦を着実に完走するマラソンに例えられることもあります。

私たちの仕事はお客さまに良い銘柄や投信信託などの金融商品を提案することではなく、

お客さまが途中で資産運用を断念してしまわないように、行動をコーチングしたりエンカレッジしたりすることだと思っています。


米国のバンガード社のレポートでも、アドバイザーの行動コーチングが投資家のリターン源泉の半分程度を占めているとされており、パフォーマンスの成否を分けるのは、コスト低減でも資産配分でもリバランスでもないのは結構意外でした。

このレポートのタイトルは「Advisors'α(アルファ)」です。 ※コストにシビアなインデックス運用大手バンガード社のリサーチというのも意外です。 2019/6の記事はこちら↓↓です。

https://ameblo.jp/private-fa/entry-12481159470.html


最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

「黒い白鳥指数」ついに過去最高!でクマさん出るか?

2021/07/03日本経済新聞『広がる「高所恐怖症」』より 連日高値更新の米国株式市場で広がる「高所恐怖症」・・・ 米シカゴ・オプション取引所が算出するスキュー指数は6/25に170.55と過去最高を更新。 継続的なインフレ懸念やIT株の割高感といったいろいろな懸念が重なって、起こる可能性は低いが、起こると株価急落を伴う「テールリスク」の警戒に繋がっているとあります。 スキューは別名ブラ

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ