• RYUICHI MOTOHASHI

人との接触を避ける非接触型社会における、新しいビジネスのヒント


2020/06/03日本経済新聞十字路『人に触れたくない、との思い』より

コロナがもたらした社会の変化の一つがデジタル化の急加速と言われています。テレワーク、オンライン診療・授業といろいろな分野でデジタル変革が進み始めました。 この流れは以前からあったのですが、なかなか進展がなかったのは旧来制度・慣習にとらわれていたからでした。


突然ヒト・モノ・経済が止まり、これまでの常識とされてきたものを一気に見直す必要性が生じ、デジタル化へ移行しようとしています。 この根本にある考えは「人との接触を避ける」ことです。 これまでは当たり前の行動であった、人の移動や集合、対面での交流が今やリスクとなり、ウィルス感染を恐れて人々が接触を避けています。 こうした恐れはコロナ収束後も恐らく残り、非接触の形が「新しい常識」になりそうでもあります。非接触のニーズの高まりは、リアルな経済活動の活力を奪い、多くの業界において既存事業の縮小という負の影響を及ぼします。

しかし一方で人との接触を避ける技術やサービスが成長分野として生まれてくるのも事実です。物流の分野では、物流工程を自動化(FA化)したり、荷物を仕分けるピックアップロボットなどの受注も増えているようで、これまでロボットは省力化や効率化という狙いに加え、人と人との接触を避けるという目的が加わり、さらに需要が伸びそうと言われます。 他にも音声作動するエレベーター、手で触らずに済む照明や器具なども開発が進み、運送業では運転手の健康状態を確認するIT化、飲食店のテークアウトはスマホアプリ連動で、店員と接触せずロッカーで受け渡しできるサービスも登場。

人との接触を避けるという新しい「非接触型社会」では、どのような企業が既存ビジネスに変革をしたり、新しい技術やサービスを生み出すのかとても気になります。 別に新しいビジネスだけに限らないと思います。リモートワークで住居も郊外に、、であれば移動手段としての自動車が見直されるかもしれません。これは公共交通機関を利用せずプライベート空間で移動できるという面もあります。そうするとシェアエコノミーとして少し脚光を浴びてきたカーシェアってどうなる?とか。。。 いろいろな連想が膨らみますし、こういう時こそ企業戦略の巧拙や経営者の舵取りにより注目してみたいと思います。

30回の閲覧

最新記事

すべて表示

それでも世界経済は成長してゆく・・・

2020/09/17日本経済新聞『世界、マイナス4.5%成長』より OECD(経済協力開発機構)は2020年世界の実質経済成長率をマイナス4.5%との最新の見通しを発表。中国や米国で経済活動の再開が進んだことに伴い、6月に示した前回予想よりも1.5ポイント上方修正。21年は5

バイバイ…アベノミクス(下)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーより、バイバイ…アベノミクス続編。 企業が企業価値を高め、家計が潤い、生活者の消費が活発化するという 「トリクルダウン理論」。このパスの大切な担い手である家計はどうか? 18

バイバイ…アベノミクス(上)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーは少々読み応えがあるのですが、私のお気に入りのコーナーです。 安倍首相の後任として優勢にある菅官房長官の新首相誕生が前提となり始め、株高と雇用創出を実績としながら、菅氏も「アベノ

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.