• RYUICHI MOTOHASHI

PBR1倍は岩盤底値説には大切な前提が…

2020/03/05日本経済新聞『PBR1倍は岩盤か』より


米国FRBは新型コロナウィルス感染拡大による景気後退リスク対処のため、政策金利0.5%の緊急利下げを行いましたが、米国株式市場は大幅安と冷たい仕打ち。


コロナ感染による株式市場へのダメージは、これまでの危機を救う万能薬だった金融緩和の限界を意識したもので、それほどまでに経済活動の低迷は深刻になってくると市場は反応しているかもしれないとあります。


マーケットは17-18日の定例FOMCを待たず(待てず)にFRBが利下げに動くことをほぼ織り込み済で、2日にはNYダウが史上最大の上げ幅記録はこの表れだったとされ、予想通りの「緊急利下げ」も、先読みマーケットは「既に織り込み済」だったということになります。


市場は次の定例FOMCの追加利下げも織り込み始めており、昨夜も+1000ドル超の上昇:27090ドルまで回復して終わっていますが、これで市場の動揺が収まるかどうかは不透明…


もし、次回0.25%の利下げをすると、(今回の0.5%と合わせて)利下げ合計0.75%と、

金利をマイナス水準にしないと仮定すれば、利下げのノリシロの半分を使ってしまいます。


コロナショックが無事鎮静するか分からない中で、FRBがどんどん利下げのカードを切っていき、先々の利下げ余地が無くなってしまうことを市場は少し不安視しているかもしれません。これが今週の上下に大きくブレる不安定な動きの原因かもしれません。


もしそうだとすると、、、

その視線の先は韓国・イタリア・イランそして日本等、中国以外で拡大中のコロナ感染がどのタイミングで動きが鈍っていくかでありましょう。


3月末までの感染拡大ペース鈍化一つの重要ポイントと指摘する市場関係者コメントがありました。以下、シナリオ①:3月までに収束する、シナリオ②:3月に収束しない


シナリオ①

3月中の感染拡大食い止め材料→先読み株価は、世界経済の一時的落ち込みのV字型回復


シナリオ②

3月中の収束兆しが見えない→世界経済の景気後退の折り込み始めと、この3月中が分岐点の岐路


3/4の日経平均は朝方安値を下値に切り返して終値は21,100円、この朝方の安値20,682円

日経平均のPBRが(加重平均ベースで)1.0倍となる水準でした。


2016年1月中国発株安、2018年12月クリスマスショックの急落時は、このPBRが0.99倍で下落した時点で大底を打ち、株価は回復してきました。

しかしこの「PBR1.0倍が株価の底」という経験則は、「あくまでも世界経済が景気後退に陥らないのが前提(日系証券関係者コメント)」でありました。


この前提が、見事に崩れていいたのがリーマンショック時であり、危機後の09年3月にはPBRは0.81倍まで低下しています。


この3月のコロナ封じ込めの兆しが見えると見えないのでは、厳しい市場環境の先読み風景は全く異なります。


ましてや日本は米国のような利下げ余地もなし(既にマイナス金利という水面下ですし)、

日銀の追加緩和がどの程度マーケットに効果テキメンなのかが、より怪しい市場環境ですし・・・


同紙面の大機小機も各国協調・中銀は量的緩和で「長期停滞を防げ」とありましたが・・・

最新記事

すべて表示

いつか見たデジャブ…「今、買う理由」探し

2021/01/23日本経済新聞『買う理由探し、市場躍起』より 29,000円台手前で一進一退を繰り返す日経平均株価ですが、投資家の買い意欲は衰えず買う気は満々みたいです。海外株式に比べてまだ日本株は出遅れ感があり、昨年11月からは日経平均株価で5,000円超の上昇がありながらも、想定以上の株価の戻りに出遅れてしまったと考える投資家の中には「今買う理由」を探している方々もいるようです。 2

登山家と投資家、「クライマーズハイ」からの目覚めが怖い・・

2021/01/14日本経済新聞『高値恐怖症 すくむ市場』より 1/13の日経平均株価は続伸したものの、半導体や機械銘柄など局地的上昇に留まりつつあり、遂に投資家は「高所恐怖症」で足がすくんでいるように見えると表現されています。 強烈なカネ余りで株価を押し上げてきた陶酔感から、局面が変化しつつかるかもしれないと始まっている記事。 今年の相場想定は各社「ワクチン普及と過剰流動性をベースに強気

米国長期金利の上昇がもたらすリスク

2021/01/13日本経済新聞『米長期金利 上昇に勢い』より 米国で長期金利の上昇に勢いづいています。バイデン次期政権のもとでの財政拡大観測と物価が将来的に上昇するとの見方がマーケットで広がっているためです。 この金利上昇でドル安の歯止めになる兆しも出てきて、これまで比較的買われてきた金価格も下落に転じる局面も出てきて、米国の超低金利が資産市場や世界経済を支える構図が変化するかもしれない

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.