• RYUICHI MOTOHASHI

米国市場の全部高相場の「勝者」は〇〇?

2019/10/26日本経済新聞 『「全部高相場」 勝者は株式か』より


昨今の米国市場で起きていることは株高債券高金高原油高という「全部高相場」であり、10月末のFOMCで3度目の利下げが更なる株高を後押しすると、2019年の一番の勝者は株式となりそうだとあります。25日の米国株式市場ではダウ工業30種平均は26,958ドルで終了、S&P500も一時過去最高値を上回り年初来上昇率は2割を超えています。さらに国債・主要な米国社債の債券指数、金、原油までが年初来上昇率が10%超となっています。

米国LPLによれば、分散投資の主要資産である株式と債券、金、原油がそろって10%の上昇で19年を終わるとすると、年間では初めての現象となるようです。特に主要な投資対象としての株式と債券の同時上昇というのは、好況期にリスク資産の株式が買われ、安全資産の債券は売られる(不況期にはその逆)というセオリー的には本当に稀だと思います。本記事でも1984年以降、9月までにS&P500株価指数、原油、金が10%以上上昇し、長期金利が1%以上低下(債券価格は上昇)したのは一度もなかったとのこと。


このキッカケとなったのは、FRBによる利上げから利下げへの方針転換だとあり、さらにこの動きには世界の中央銀行が我も我もと一斉に利下げで追随していったとしています。景気後退を回避したいがための、こうした世界的な「予防的利下げ」が、世界的な「カネ余り」につながって、昨今の全部高相場の構図になっていると記事では指摘しています。

10月末のFOMCでは利下げは確実視されていますが、今回の利下げと更なる追加利下げに含み残すとの予想では全部高は継続、今回は利下げながら利下げに打ち止め感では全部高はいったん停止?、、、その後の米国株式の勢いには見方は分かれているようでした。ただこれはカネ余りという金融相場という側面からのものであり、決算発表を迎えている主要米国企業の決算内容は、市場予想を上回る内容も多く見られたり、(多くはありませんが)今後の成長を見込んでの投資を積極的に行うというメッセージが込められていたりと、中長期的な株式買いの材料も散見されています。原油や金といったコモディティよりも、業績回復という息の長い企業活動に裏打ちされ好材料が続くとすれば、この資産全部高の勝者は「株式」となりそうだと記事は終わっていました。


確かに金利がなくなっている債券のこれ以上の上昇余地は小さいでしょうし、代替資産としての金や原油に運用資産のパフォーマンスを過大に期待することも難しい...

となれば今後も引き続き「株式」に期待することになりそうですが、昨今の世界経済の減速下での株式の期待リターンは、少し保守的に見積もっていく必要があるかも知れません。

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

「黒い白鳥指数」ついに過去最高!でクマさん出るか?

2021/07/03日本経済新聞『広がる「高所恐怖症」』より 連日高値更新の米国株式市場で広がる「高所恐怖症」・・・ 米シカゴ・オプション取引所が算出するスキュー指数は6/25に170.55と過去最高を更新。 継続的なインフレ懸念やIT株の割高感といったいろいろな懸念が重なって、起こる可能性は低いが、起こると株価急落を伴う「テールリスク」の警戒に繋がっているとあります。 スキューは別名ブラ

”ステイ・マーケット・・・”回顧録

1年前の6月のトピックを読み返してみました。 投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっ