• RYUICHI MOTOHASHI

【2019年10月改定】IMF世界経済見通し

2019/10/16日本経済新聞 『世界経済成長率3.0%に減速』より


世界通貨基金(IMF)の四半期ごとの世界経済見通し(WEO)の改定が公表されています。


2019年の世界全体の成長率を3.0%として、前回7月時点からは0.2ポイントの下方修正しています。米中貿易戦争により、世界的に貿易・投資が減速、金融危機直後の09年以来、10年ぶりの低い伸び率です。そしてついに中国の2020年の伸び率を5.8%として、30年ぶりに6%台を割り込むと予測しています。このWEOの下方修正は5期連続で、世界経済成長率3%は好不況の境目とされていますが、「世界全体の90%の国・地域で経済が減速している」と指摘しています。


ただ2020年には成長率は3.4%に持ち直すとしていますが、これも前回7月時点比では0.1%の下方修正です。こうした世界経済の減速の原因は、長引く米中貿易戦争であり、19年の世界の貿易量の伸びは前年比で1.1%どまり、18年(3.6%増)からは急減速です。


中国の成長率見通しは19年6.1%20年には5.8%いずれも下方修正しており、18年の6.6%から減速、天安門事件直後の1990年の3.9%以来の低さとなっています。IMFは中国経済について、「企業と家計の債務が急増している」と金融面での不均衡に警鐘を鳴らしています。


貿易戦争を仕掛けた米国でも、19年の成長率見通しは2.4%と、前回7月時点比では▲0.2%の下方修正。企業の投資などが弱含んで、18年の2.9%の成長率からは減速予想です。そして20年の経済成長予想はFRBの利下げや政府の歳出拡大などにより、潜在成長率並み2.1%としています。


日本は19年が0.9%、20年は0.5%の予測と修正はなし。ユーロ圏も輸出依存度が高いドイツは19年の成長率が0.5%、20年は1.2%にとどまる見通し。英国は19年が1.2%、20年は1.4%となっていますが、今後のEU離脱など不確定要素により更なる修正も否定できないです。


新興国群19年は3.9%に引き下げられおり、18年の4.5%と比較すると▲0.6ポイントも減速を予測しています。


IMFのウェブサイトでは、「世界経済は同時減速と不確実な回復という、心もとない状態」としています。そして気候変動、サイバーセキュリティのリスク、租税回避、脱税、新たに台頭する金融技術がもたらすチャンスと課題の解決には、(自国の利益を優先するのではなく)多国間主義が大切だとして、グローバルな視点から各国々に協力を促しているのが印象的です。


IMFウェブサイトより World Economic Outlook

https://www.imf.org/ja/News/Articles/2019/10/15/blog-weo-the-world-economy-synchronized-slowdown-precarious-outlook

最新記事

すべて表示

米国長期金利の上昇がもたらすリスク

2021/01/13日本経済新聞『米長期金利 上昇に勢い』より 米国で長期金利の上昇に勢いづいています。バイデン次期政権のもとでの財政拡大観測と物価が将来的に上昇するとの見方がマーケットで広がっているためです。 この金利上昇でドル安の歯止めになる兆しも出てきて、これまで比較的買われてきた金価格も下落に転じる局面も出てきて、米国の超低金利が資産市場や世界経済を支える構図が変化するかもしれない

21年「いいとこ取り」の世界の株価続伸は喜んでいいのか?

2021/01/09日本経済新聞『海外指数も軒並み高値』より 21年スタート早々1週間終わった1/8の東京株式市場は、日経平均株価が280,139円と30年ぶり高値を更新。米国ではバイデン次期政権が財政拡大を進め、当面は金融緩和が継続との見方から、海外の株価指数もそろって高値を更新しています。 先行き楽観論で株高継続の流れは海外でも顕著。20年末比でドイツのDAXや仏CAC40は7日までで

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.