• RYUICHI MOTOHASHI

【2019年10月改定】IMF世界経済見通し

2019/10/16日本経済新聞 『世界経済成長率3.0%に減速』より


世界通貨基金(IMF)の四半期ごとの世界経済見通し(WEO)の改定が公表されています。


2019年の世界全体の成長率を3.0%として、前回7月時点からは0.2ポイントの下方修正しています。米中貿易戦争により、世界的に貿易・投資が減速、金融危機直後の09年以来、10年ぶりの低い伸び率です。そしてついに中国の2020年の伸び率を5.8%として、30年ぶりに6%台を割り込むと予測しています。このWEOの下方修正は5期連続で、世界経済成長率3%は好不況の境目とされていますが、「世界全体の90%の国・地域で経済が減速している」と指摘しています。


ただ2020年には成長率は3.4%に持ち直すとしていますが、これも前回7月時点比では0.1%の下方修正です。こうした世界経済の減速の原因は、長引く米中貿易戦争であり、19年の世界の貿易量の伸びは前年比で1.1%どまり、18年(3.6%増)からは急減速です。


中国の成長率見通しは19年6.1%20年には5.8%いずれも下方修正しており、18年の6.6%から減速、天安門事件直後の1990年の3.9%以来の低さとなっています。IMFは中国経済について、「企業と家計の債務が急増している」と金融面での不均衡に警鐘を鳴らしています。


貿易戦争を仕掛けた米国でも、19年の成長率見通しは2.4%と、前回7月時点比では▲0.2%の下方修正。企業の投資などが弱含んで、18年の2.9%の成長率からは減速予想です。そして20年の経済成長予想はFRBの利下げや政府の歳出拡大などにより、潜在成長率並み2.1%としています。


日本は19年が0.9%、20年は0.5%の予測と修正はなし。ユーロ圏も輸出依存度が高いドイツは19年の成長率が0.5%、20年は1.2%にとどまる見通し。英国は19年が1.2%、20年は1.4%となっていますが、今後のEU離脱など不確定要素により更なる修正も否定できないです。


新興国群19年は3.9%に引き下げられおり、18年の4.5%と比較すると▲0.6ポイントも減速を予測しています。


IMFのウェブサイトでは、「世界経済は同時減速と不確実な回復という、心もとない状態」としています。そして気候変動、サイバーセキュリティのリスク、租税回避、脱税、新たに台頭する金融技術がもたらすチャンスと課題の解決には、(自国の利益を優先するのではなく)多国間主義が大切だとして、グローバルな視点から各国々に協力を促しているのが印象的です。


IMFウェブサイトより World Economic Outlook

https://www.imf.org/ja/News/Articles/2019/10/15/blog-weo-the-world-economy-synchronized-slowdown-precarious-outlook

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

「黒い白鳥指数」ついに過去最高!でクマさん出るか?

2021/07/03日本経済新聞『広がる「高所恐怖症」』より 連日高値更新の米国株式市場で広がる「高所恐怖症」・・・ 米シカゴ・オプション取引所が算出するスキュー指数は6/25に170.55と過去最高を更新。 継続的なインフレ懸念やIT株の割高感といったいろいろな懸念が重なって、起こる可能性は低いが、起こると株価急落を伴う「テールリスク」の警戒に繋がっているとあります。 スキューは別名ブラ