• RYUICHI MOTOHASHI

難問! 米国経済の分水嶺でのFRBの迷い…

2019/09/20日本経済新聞 『FRB,景気先行きに迷い』より


米国FRBは18日、7月末に続いて0.25%の利下げに踏み切っています。

パウエル議長は「景気が減速すれば更なる追加の利下げが適切だ」とより一層の金融緩和に含みを持たせた発言をしていますが、今回の利下げは、FRBの中でも意見が分かれた中での選択だったようです。

パウエル議長は、最近の雇用や消費が堅調、物価も上昇傾向の米国経済はそれ程悪くないとするFRB内の利下げ反対派と、株価上昇を意識するトランプ大統領はじめ市場からの緩和圧力からの板挟みで、今後の米国経済は「まだ景気拡大が続く」と「景気後退に突入する」のこの分岐点で、難しい政策運営をしなければならないのは間違いなさそうです。


18日は「景気後退まで余力を残さず、経済が弱まれば積極的に動く準備がある」とパウエル議長は追加緩和の可能性に言及。米国景気の拡大は戦後最長記録を更新し、ダウ工業平均株価も最高値を伺う中、貿易戦争による景気減速リスクに「予防的に動く」と2会合連続の利下げが実施されました。しかしこの決定、FOMC投票メンバー10名のうち3名が反対票を投じ、さらにうち2人は7月に続いて2会合連続で反対したようです。また逆に利下げ幅を0.5%に拡大すべきと主張する連銀総裁もおりFOMC参加者内でも意見が大きく割れています


記事にも、米国景気は分水嶺にあるとして、失業率が3%台、個人消費は堅調、消費者物価指数も2.4%上昇と1年ぶりの高い伸びと景気堅調な側面と、中国との貿易摩擦は企業業績を強く下押し、輸出や設備投資も大きくマイナスと、企業活動への悪影響によりもたらされる経済減速という負の側面、どちらに傾くか分からない分岐点かもしれないとあります。


今後やや濃厚なFRBのシナリオとしては、19年末までは利下げを見込む見方が強い印象(トランプ大統領や市場の圧力に負けそう・・・)ですが、更なる利下げには慎重論も根強くあります。米国企業の債務が膨大な規模に達し、既に2008年の金融危機時の水準まで高まっており、もし本格的な景気後退に突入する中で、利下げする余地がなくなってしまったとすれば、かなり深刻な経済不況になりかねないでしょう。


景気が折れてしまう前に利下げで「予防」したい、でも過度な「予防」はいずれ重症な病状になってしまう時に打つ手なし(もう利下げの余地なし)は避けたい、でも大統領や市場は株価が下がらないように口撃・プレッシャーをかけてくる・・・


FRBの迷いは今や米国経済だけではなく、世界経済全体の不安要素となり得ることから、まさに今年残り四半期・注目の経済イベントとなっています。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

それでも世界経済は成長してゆく・・・

2020/09/17日本経済新聞『世界、マイナス4.5%成長』より OECD(経済協力開発機構)は2020年世界の実質経済成長率をマイナス4.5%との最新の見通しを発表。中国や米国で経済活動の再開が進んだことに伴い、6月に示した前回予想よりも1.5ポイント上方修正。21年は5

バイバイ…アベノミクス(下)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーより、バイバイ…アベノミクス続編。 企業が企業価値を高め、家計が潤い、生活者の消費が活発化するという 「トリクルダウン理論」。このパスの大切な担い手である家計はどうか? 18

バイバイ…アベノミクス(上)

2020/09/10日本経済新聞『アベノミクスにさらばを』より Deep Insightのコーナーは少々読み応えがあるのですが、私のお気に入りのコーナーです。 安倍首相の後任として優勢にある菅官房長官の新首相誕生が前提となり始め、株高と雇用創出を実績としながら、菅氏も「アベノ

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.