• RYUICHI MOTOHASHI

世界の超富裕層も始めている「新・分散投資」の大切さ

2019/08/30日本経済新聞

『「四重奏運用」のススメ 株・債券・REIT・金で成果』より


日々の売買が非常に低調、為替の円高懸念、世界の経済局面の不透明感の中で、日本株の上値が重く動きがない。このような状況でこそ、基本に立ち返りバランス重視の分散投資効果を活かそうという動きが広がっているとあります。


先行きの方向感が定まらず身動きが取れない時こそ、長期の資産運用が可能な個人投資家にとってはポートフォリオを見直すチャンス。そもそも何のための資産運用なのか?何年くらい投資が可能なのか?どのくらいの損失が出たらそのダメージに我慢できなくなるのか?等々、自分の投資に対する志向や考えをじっくり整理することが重要です。

昨今、プロと言われる機関投資家でも、リスク管理手法である資産分散を大切にしているようですが、以前に比べその姿は少々変化しているような気がします。


先日も、スイスのPB系運用会社でのミーティングにご招待いただき、長期的(この会社では今後5年間を前提)な市場展望をお聞きする機会がありました。中でも年々各資産の期待リターンが低下してゆく中で、印象的だったのは、世界の超富裕層が着目しているのは「リアルアセット(そのもの自体に価値のある実物資産)」への投資です。具体的には不動産インフラ絵画超高級車ワインストラディバリウス(バイオリン)パテックフィリップ(時計)が挙げられ、供給量がなく希少性が高いモノに強い需要が集まっているとのこと。こうした「リアルアセット」は今やマイナス金利に地盤沈下している債券に代わる投資対象との位置づけのようです。


記事にて楽天証券のストラテジストは「全天候型の資産はない。リスクを補い合う投資を心がけるべき」と、4つの資産を組み合わせるカルテット(四重奏)運用を紹介しています。

このカルテット運用は、株式30%、債券25%、REIT(30%)とリアルアセットの金15%の四資産での分散投資することであり、過去約15年間で3倍程度のパフォーマンスを上げているようです。


この「分散投資」という概念は、従来から資産運用おいてとても大切なことと言われている王道のコンセプトですが、最近では特に「円高に備えて為替ヘッジをした方が良い」と、+アルファのひと工夫が必要となってきました。円高局面が続くと、日本企業の業績が減益予想となり日本株にも影響が波及するとの連鎖で「円高-日本株安」の連動性が急速に高まっています。円相場(対ドル)と日経平均が同じ方向に動く度合いを示す「相関係数(1.0に近いほど、連動して同じ方向に動く数値)」は今や0.7程度に到達

このマーケットの動きが無い不気味な静けさの中で、ひとたび弱気な雰囲気に一転して、急速な円高が進行する可能性も十分あります。


そういう事態を想定しながら、金や不動産等の「リアルアセット」を追加したり、為替ヘッジを行なったり期待リターンが大きく低下した債券の位置づけを見直したりと、「新・分散投資の重要性」をお客さまとお話しすべき良い機会にしたいと思います。

15回の閲覧

最新記事

すべて表示

いつか見たデジャブ…「今、買う理由」探し

2021/01/23日本経済新聞『買う理由探し、市場躍起』より 29,000円台手前で一進一退を繰り返す日経平均株価ですが、投資家の買い意欲は衰えず買う気は満々みたいです。海外株式に比べてまだ日本株は出遅れ感があり、昨年11月からは日経平均株価で5,000円超の上昇がありながらも、想定以上の株価の戻りに出遅れてしまったと考える投資家の中には「今買う理由」を探している方々もいるようです。 2

登山家と投資家、「クライマーズハイ」からの目覚めが怖い・・

2021/01/14日本経済新聞『高値恐怖症 すくむ市場』より 1/13の日経平均株価は続伸したものの、半導体や機械銘柄など局地的上昇に留まりつつあり、遂に投資家は「高所恐怖症」で足がすくんでいるように見えると表現されています。 強烈なカネ余りで株価を押し上げてきた陶酔感から、局面が変化しつつかるかもしれないと始まっている記事。 今年の相場想定は各社「ワクチン普及と過剰流動性をベースに強気

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.