• RYUICHI MOTOHASHI

想定内の10年半ぶり米国利下げ

2019/08/01 日本経済新聞電子版 『米FRB、10年半ぶり利下げ 0.25%』より


米国FRBは7/31のFOMCにて政策金利を0.25%引き下げ、10年半ぶりに利下げに踏み切りました。貿易戦争のリスクを警戒し、景気悪化を未然に防ぐという目的であり、パウエル議長は記者会見でも「景気循環の途中の調整」として、長期の利下げ局面入りは否定しています。しかしながら、基軸通貨米ドルにおける利下げは世界的な金融緩和合戦となる可能性もあります。


31日のFOMCでの決定は、短期金利の指標であるFFレート金利の誘導目標を、現状の年2.25~2.50%から年2.00~2.25%へと0.25%引き下げ、米国債等の保有資産縮小する「量的引き締め」も2ヵ月前倒し終了するというもの。

利下げは、実に金融危機直後の08年12月以来。米国経済は19年7月に拡大局面が11年目に突入し、記録に残る1850年代以降で過去最長を更新したばかり。失業率は3%台後半と、景気の基調は底堅い状態ですが、パウエル議長は、「海外経済の動向とインフレ圧力の停滞」が利下げの理由として、先行き不安による景気悪化を未然に防ぐための予防的利下げとしています。


米国の10年半ぶりの利下げは、各国・各地域の中央銀行への通貨高への警戒感と金融緩和行動へと傾斜させます。欧州ECBは9月にも追加緩和に踏み切る見通し、日銀も「リスクを未然に防ぐ」と早期の金融緩和の可能性を示唆しています。こうした世界同時金融緩和は、景気下支えとマーケットの過熱を招くリスクと表裏一体となります。


本日紙面マーケット面には、「予防緩和」節目は105円?」ともあり、米国の利下げを受けて、強まる円高圧力に対してどこまで許容できるか、日銀・政府の思惑や対応に言及されていますが、既にマイナス金利下にある日銀が取り得る政策対応で、残されているカードはあまりない気もします・・・

最新記事

すべて表示

IMF世界経済の成長率は6.0%

2021/04/07日本経済新聞『世界 今年6.0%成長へ』より 国際通貨基金(IMF)は4/6改定した世界経済見通しで2021年の成長率見通しを6.0%として、前回1月予測より0.5%引き上げました。 一時的な景気過熱が指摘される中で、世界は急回復する景気の勢いを上手くコントロールしながら、成長の持続力を高める政策へと軸足を移してゆくという難しい局面に差し掛かりつつあります。6%成長の実

金利上昇に耐久力で、米国株に元気が戻る?

2021/04/02日本経済新聞ウォール街ラウンドアップ 『米株高、金利上昇に耐久力』より 米国株式市場に明るさ戻る、、、という今後のマーケットに期待が持てる内容です。S&P500は4/1に4000ポイントの大台を超え史上最高値を更新、2~3月の株価足踏みの原因とされた米国10年金利の上昇もやや一休みとなってきたことで、投資マネーは再びリスク資産に向かっているようです。 4/1の米国株はア

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.