共同通信社 2021年12月経済ウイークリー

ライフセミナーQ&A

 

寅年の資産運用って?​

 

Q.干支にちなんだマーケットの格言やことわざから、寅年の資産運用のヒントはありますか?

A.2022年の干支は壬寅(みずのえ・とら)です。

  壬は「妊」に通じ、陽の気を下に宿し、寅はミミズに通じ、

  土の下に春の新芽が生ずる状態を表すと言われます。

  また漢字の「寅」は弓矢を両手で引き絞る象形文字がルーツで、伸ばす・引っ張るを意味します。

  因みに、勇ましく威風堂々たる動物の「虎」は決断力・才知の象徴で縁起物です。


  今年がどのようなマーケットになるのかは、誰にも分かりません。

  大切な「虎の子」である自分の資産だから、じっくり着実に殖やして行きたい慎重派の方でも、

  ある程度のリターンが欲しいのであれば、相応のリスクは覚悟しなければなりません。

 これはまさに「虎穴に入らずんば虎子を得ず」です。

  逆に、早めに経済的自由(FIRE)を手に入れる為には

  「今こそ絶好のチャンス!」と行動派な方は、人生設計や投資計画、

  リスク許容度に応じた資産配分を踏まえることなく、拙速な投資の意思決定にご注意を。

  これでは荒れ狂うマーケットで「虎の尾を踏み」、怖~い思いをしてしまいます。


  干支の相場格言は、「寅千里を走る」です。

  新型コロナ下の厳しい環境や不確実な国際情勢の中でも、

  芽吹き始める新しいトレンドを、慎重かつ大胆に「虎視眈々」と見極めて臨むというのは、

  投資のヒントとして如何でしょう…

     (資産運用アドバイザー 本橋竜一)

 

​【掲載新聞名】

  各地方新聞社紙面
  資産運用・経済コーナー掲載