• RYUICHI MOTOHASHI

”ステイ・マーケット・・・”回顧録


1年前の6月のトピックを読み返してみました。

投資で確りリターンを取り損ねない大切な大原則は、 市場に居続ける=一度投資してリスクをとったら相場の上下で無用な売買をしない≒何もしない というとても「シンプル」なものです。 市場を相手に、何人とも(著名アナリストもプロのファンドマネージャーも、ましてや個人の投資家も)先は読めません。 であればいっそのこと、先読み等無駄なことはせず、長期でどっしり構え、投資先は複数に分け、安くなったら沢山、高くなったら少なく常にポジションを少しづつ積み上げることに徹する。これは機関投資家には出来ない、時間を味方につけることができる個人投資家の特権スタイルです。 しかし個人投資家の弱点は、感情コントロールです。 やはり株価の動きで感情が揺り動き、過度に怖がったり自信過剰になったり、合理的でない行動をとってしまいがちになります。 今年2021年になり、昨年とは全く異なる上出来すぎるマーケットに、そろそろ退散、いやまだまだダイジョブ、次に下がるまで待とう・・・ それぞれの投資スタンスによって、いろいろな感情が交差しますが、ここは普遍でシンプルな「ステイマーケット」を再度考え直していきたいと思います。


昨年(2020年6月)のコラムはこちらです。

最新記事

すべて表示

低コストの「指数連動ファンド」至上主義で本当に良いのか?

2021/06/30日本経済新聞『米長寿投信から個人マネー流出』より 運用歴の長い世界の著名投信から個人の資金が流出しているようです。株式投信の21/01月~05月の資金流出入を調べた調査では、流出上位は歴史ある米国のアクティブ投信が並び、個人投資家は低コストのインデックスファンドを選ぶ流れが鮮明になっているとあります。 モーニングスタダイレクトのデータを基に資金流出入を集計(クローズドエンド

実質マイナス金利でのリスク資産投資:後編

2021/05/29日本経済新聞『リスク投資 近づく転機』より 米国債市場と言えば、グローバル資産運用において謂わば「主食」です。 実質マイナス金利はマネーを半強制的に、リスク資産に押し出すことを意味します。 株式は一般的に実質金利が低く実質成長率が高いほど、PER(株価収益率)は高くなります。低格付け債(ジャンク債)も米国債利回りと比べたスプレッド(上乗せ幅)はコロナ禍前を下回ってい