• RYUICHI MOTOHASHI

【号外】エグゼトラスト川田社長との対談企画:Part2


11/16は米国投資情報週刊誌「バロンズダイジェスト」編集人であるエグゼトラスト川田さんから、「独立系FAとしてお客さまの支援例をまた教えて?」と再度お声がけ頂き、川田さんのありがとうアメリカ株式チャンネルの場をお借りして、2回目の対談となりました。

川田さんの番組では朝会としての毎日米国株式市況の振り返りだけでも、十二分に有益な

情報かと思います。 しかし一歩踏み出して真剣に資産形成・運用をしたいという方の少しでも役に立てればと思い、実際の私が支援中のあるお客さまの例をご紹介しています。 小さなことからコツコツとお客さまの疑問点や不安の解消に努めてきたわけですが、これからも積み上げてきた信頼関係を大切にしつつ、お客さまの大きな安心に繋がればいいなと思っています。

※このお客さまは「いつもトンチンカンな事質問してばかりでゴメンナサイね」なんて言われるのですが、寧ろ一般的な投資家の方の素朴な疑問の肝であることが多く、私も日々新しい発見・勉強となっています。こういう素朴な疑問はとても大切だと思うです。

FAの私にとっても、これからのお付き合いが楽しみなお客さまの事例です。


そして後半は、あのコストにシビアなインデックスファンドの運用会社バンガード社の

「アドバイザーのα(付加価値)」のレポートから、ファイナンシャルアドバイザーが投資家の支援をすることによる運用リターンは3%程度向上できるというもので、その中でも

アドバイザーの顧客への行動コーチング(つまり〇〇ショックの時でも保有を続けましょう、ステイマーケット!と励ますフォローなどを指していると思います)による寄与度は1.5%程度(約50%)もあるという実証結果を紹介させて頂きました。



米国ではこうしたFAの関与がお客さまの運用結果を左右する要素の一つというのは、この仕事を始めた時から衝撃的で、今でも時々全体に目を通しています。 私の事務所の屋号もこのα(アドバイザーの付加価値)から一字拝借していますし・・・ 対談はこちらです



※勿論、お客さまからは「悩める多くの投資家の方に私の事例がお役に立つなら、是非使って!」とご快諾を頂きました。



最新記事

すべて表示

日経平均株価3万円回復に考える…【番外編】

2021/02/16日本経済新聞『3万円回復 課題なお』より 日経平均株価が30年半ぶりに3万円台を回復しても、実感がないという意見が多いのは、①日本株の買い主体が外国人と日銀である、②米国と違い新陳代謝が鈍くて小粒企業が多いという2つの要因でしょう。 まず①の個人投資家が株価上昇を肌で感じていないことではないでしょうか?紙面にも「景気との差があり過ぎて違和感しかない」というコメントや「平

不透明感漂う株式と対照的?世界の社債市場

2021/01/30日本経済新聞『世界の社債強気派なお』より 慎重姿勢に傾きつつある株式投資家とは対照的に、世界の社債市場では投資家の強気姿勢が目立っているとあります。信用リスクへの警戒度合いを示す社債利回りの対国債スプレッド(上乗せ幅)は1年ぶりの低水準まで低下。発行企業が債務返済を進め、信用力が戻りつつあるとの見方です。この状態、こうした社債への強気見通しはいつまで続くのか・・・。 米

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.