• RYUICHI MOTOHASHI

「金地金」店頭価格、40年ぶりの高値更新!

2020/04/13日本経済新聞夕刊 『金地金店頭価格、40年ぶりに高値』より 金地金店頭価格は、4/13に6513円/g(主要な販売店店頭ベース)となり高値更新。 これは1980年1月にソ連がアフガンを侵攻し、国際情勢が緊迫した中で高値6495円/gを超え、40年ぶりの高値更新です。 新型コロナの感染拡大で安全資産の代表格資産の金への資金逃避を映しています。 3月中頃には、異常なほどの米ドル現金需要(※どこの経済ニュースでも“Cash is King!とにかく現金を手元に!”が叫ばれていました…)が高まり、有事の金さえ見向きもされず売られる始末でした。 しかしこれも正常化し、いつもの資金退避としての金買いが戻っています。

世界的な金融緩和で、有り余る余剰と、まだまだ続きそうな低金利・マイナス金利の状況では、金利・配当がつかないけど輝いている「金」という現物需要は続くのではないかと思います。

とは言うものの、原油と同じく「コモディティとしてのゴールド」には違いないので、

どの価格が適正水準なのか分かりませんし、株式等の他の主要資産や投資家からの

資金フローも合わせて考えていく必要があるかなと思います。

最新記事

すべて表示

いつか見たデジャブ…「今、買う理由」探し

2021/01/23日本経済新聞『買う理由探し、市場躍起』より 29,000円台手前で一進一退を繰り返す日経平均株価ですが、投資家の買い意欲は衰えず買う気は満々みたいです。海外株式に比べてまだ日本株は出遅れ感があり、昨年11月からは日経平均株価で5,000円超の上昇がありながらも、想定以上の株価の戻りに出遅れてしまったと考える投資家の中には「今買う理由」を探している方々もいるようです。 2

登山家と投資家、「クライマーズハイ」からの目覚めが怖い・・

2021/01/14日本経済新聞『高値恐怖症 すくむ市場』より 1/13の日経平均株価は続伸したものの、半導体や機械銘柄など局地的上昇に留まりつつあり、遂に投資家は「高所恐怖症」で足がすくんでいるように見えると表現されています。 強烈なカネ余りで株価を押し上げてきた陶酔感から、局面が変化しつつかるかもしれないと始まっている記事。 今年の相場想定は各社「ワクチン普及と過剰流動性をベースに強気

本橋Fαオフィス Motohashi Financial Advisors Office 

 所  在  地  :東京都八王子市東浅川町345-6

 ご相談オフィス:東京都千代田区神田神保町2‐5 北沢ビル3F FPアソシエイツグループ本社

 090-7909-2111

 information@pfa-withyourlife.jp

©2019 by Motohashi Financial Advisors Office.All Rights Reserved.